リレーコラムについて

病み上がりコピーライターの憂鬱(2)

米村大介

こんばんは。

病み上がりで顔色が悪いのか、

真っ昼間から職務質問を受けました、

米村大介です。

入院してるときは、柄にもなくネガティブで、

余計な心配ばかりしていました。

ま、ヒマだからしょうかないんですけど。

たとえば。

退院して仕事に復帰するころ、

コピーライターという職業がなくなってたらどうしよう。。。

とか。

「んなこたない」という自分がいて、

「いやあるかも」という自分がいて。

たとえばこの時期、宣伝会議賞。

あの応募総数もすごいし、

二次審査通過してるコピーとか見てたら、

いい絵がつけば面白いなーってのいっぱいあるし。

あの熱気がビジネスになったら強いと思うんです。(&こわい)

で、ここ最近のネット事情からすれば、

すべての人に発信力のチャンスがあるわけで。

素晴らしいCDがそこにいて、

ネットを通じてコピーディレクションができれば、

ひとつの仮想的なクリエイティブポータルができるんじゃないかと。

それこそ、一億総コピーライター時代なるものが来たとしたら。

一人の天才より、万人のアイデアを求める仕組み。

あ。人海戦術のネーミング作業なんて、ばっちりじゃないか。

いかん。そんなこと考えてたら

ほんとにコピーライターなんていらんわ!って

気分になってきたじゃないか。

どんどん弱気になって、変な夢まで見始めたので、

岩崎俊一さん著の「幸福を見つめるコピー」を読んだ。

ううう。

病床で弱ってるとはいえ、

まさかコピーで涙ぐむ日が来るとは思わなかった。

まだまだ、コピーライターには無限の可能性がありますね。

白い天井をぼーっと見ながら、そんなことを思ったのでした。

すっごい、いい本です。ボディコピー写経したくなります。

もう一度、コピーライターとして立つために。

病み上がり米村大介。

リハビリ絶好調です。

明日もサボらず続けます。

  • 年  月から   年  月まで