リレーコラムについて

病み上がりコピーライターの憂鬱(1)

米村大介

ども。

電通関西TOKYOROOMの米村大介です。

ひっさしぶりのリレーコラムで緊張してます。

同じ部の天才ソフトテニス※プレーヤー、広畑聡先輩から

バトンを投げ渡されました。

(※ソフトのほうです。硬くないほう。リハビリで握力鍛えるボールのほう)

えー、実はタイトルどおり、病み上がりです。

まだ、社則上、出社してはいけないらしく、

自宅でのーんびりした生活を送っとります。

そんな中、優しい広畑氏から、「体調の報告を兼ねて書きなさい!」と

脅迫メールが来たわけです。

新人賞の授賞式の日に頼みごとされたら、

そりゃ、二つ返事で了承しますよ。

(髪型。いいとこの坊ちゃん刈りみたいでナイスでした)

僕のことを、少しでも知ってる方のために、

この場を借りてご報告します。

9月〜10月の約1か月くらいの間、

頭の手術をするため、入院+療養してました。

頭をパカーっと開いて、ちょちょちょっとって悪いもの取り除いて、

集中治療室にこんにちはして、しばし寝たきり坊主をしてました。

無事に手術は成功し、頭は改造されたようにスッキリしてるのですが、

まぁ、しばし寝たきりだったことや、ゆったりした熊本時間の中、

生活してたので、まだまだ仕事覚醒モードに

なかなか切り替わってくれないって感じです。

(ま、入院前もなかなか覚醒しませんでしたが)

そんな超・病み上がりコピーライターの私ではありますが、

この場を勝手にリハビリの地にしながら、

書いてゆきたいと思います。

↑って、、、何かそういうこたぁ、自分のブログで
 報告しろよって感じですね。

ただ。

コピーライターになって、走ったり、振り回されたり、

ぶん投げられたりしたけれど、こんなに立ち止まって

景色を見るのは初めてなわけで。

病気をしないと、そういうのって無理なんだろーなって思います。

見えなかったものが見えてきたり。

考えなかったものを考え始めたり。

今は、なーんでもないものが、あれって思えたりする。

「純」度の高い人間になってるのかな、と。

あわてず、いそがず、うっつらうっつらと時が過ぎていく。

前向きな憂鬱な時間を過ごしています。

サボらず明日に続きます。

NO
年月日
名前
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
5181 2021.10.10 山本 絵理香 知る
  • 年  月から   年  月まで