リレーコラムについて

本を出します。 2

岩崎俊一

某広告代理店ディレクターの名言がある。
「しめきりって、あなた、しめきりを呼び捨てにしてはいけません。いったい誰の
お陰で広告がつくれてると思ってんですか。しめきりがあるお陰でしょ。なけり
ゃ、あなたも私も何も動きやしない。いいですか。呼び捨てはいけません。『しめ
きり様』といいましょう」
いやはや、その通りである。

本を書くことになってわかったのは、自分の周辺にその「しめきり様」が見あたら
ないことだ。いつもは、すぐそばにいて、にらみを利かせているその姿が見えない。
これは落ち着きません。
だって、もう40年近く一緒にいるんですよ。おっかない顔をして、「ちゃんとや
っておるか」「そろそろ尻に火がつくよ」と、おどしたり、すかしたり、ケツをひ
っぱたいたり、ほんのまれによくやったとほめてくれたり。そのお方がいたから、
まがりなりにも仕事を続けてこられたと、これは断言できる。
はるか遠くに、豆つぶほどの大きさで、その御姿を認めるのだが、こうも遠いと
にらみが利かない。ちっともおっかなくないのだ。
というわけで、書き始めるまでに、たっぷり2カ月かかった。その間、大胆な怠け
者のワリには気の小さな僕は、ええちゃんと書いてますよ、やっとペースがつかめ
て来ました、と関係者にウソを重ねつつ、気持は極太針のむしろの上だった。
思うに、広告の仕事は、まちがいなく短距離ランナー型であり、執筆活動は長距離
型である。誰が考えてもわかりそうなそんなことに、そして自分は幼少のころより
長距離走が苦手であったことに、いまさらながらに気づくのである。

さて、それではエッセイにどんなことを書いたか。その中身がコピーとどう関係し
ているかについては、またあした。

(つづく)

NO
年月日
名前
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
5181 2021.10.10 山本 絵理香 知る
  • 年  月から   年  月まで