リレーコラムについて

隣のインド人

加藤弥平治

逆ナンされた。
西麻布の交差点。午前1時ごろ。タクシーを拾って、さぁ帰宅というときに
「スミマセン。ここらへんで、女の子でひとりで安心BAR、ゴザイマスカ?」

日本語を習っているという、インドからの留学生。可愛らしい子だった。
西麻布はとても安全な街であるが、時間が時間だ。
なじみのBARの場所と電話番号を教え、帰ろうとしたところ
「一緒に行くの、ダメ?」
つぶらな瞳、上半身をちょっと捻って、ジャケットの端を軽くつまんでくる。
あちゃー、やっちまったなぁ。
散々飲んだ後だが、交差点近くのBARに向かった。

(現場の加藤さんが得た不確定情報)
インドのデリー出身。留学生。日本には小学生のころから住んでいる。お父さんは外交官。出版社で働いてる。イラストレーター。名詞は渡せない、でもあなたのは欲しい。西麻布に住んでいる。お笑い芸人によくナンパされる。僕のことを最初お笑い芸人だと思った。

BARに着くまでの約5分間で知った、彼女のエピソード。
はっきり言ってメチャクチャである。

席に着くと、彼女は強めのスピリットを頼んだ。
お酒は好きだけど、強くないはず。いまさら、どうでもいいけど。

「お腹がすいているの。SEXYなものが食べた〜い」
ピクルスとピザを反射的に頼んだ、SEXYかどうかは、よくわからない。

料理が運ばれてくると
「あっ、田中さん。また来ちゃった」
じょ、じょ、常連かよッー。

「昨日はさ〜、けっこうキテたよne〜」
あいすいません。私が悪うございました。愛する妻よ、愚かな僕を叱っておくれ。
帰りのタクシーで心を入れ替えて、明日から新しい人生を始めます。
さっ、とっとと、帰ろう帰ろう。するとインドの女性は携帯を取り出して
「だからさぁ、言ったでしょ。〇▲×□××◎」
怒声に近い声、たぶんポルトガル語。ノゲイラといっしょ。て、言うか、あなたナニ人?

店内のBGMが明るいPOPSに変わる。
「あっ、この曲好き」と
自称インド人は、その場で踊りはじめた。電話での言い争いはつづいている。

ダンス怒声ダンスダンスsmile怒声怒声ゲップsmileピースダンス
ダンスダンスダンスあっどうもブラチラいやーんsmile怒声怒声ダンス…

一刻も早くここから逃げ出そうと会計用のカードを強く握りしめた
僕の脳内では戸川純さんのあの名曲が延々とループしている。

♪隣のインド人 なにしてるの〜♪

明日、第3回目は『中田ヒデへ』です。Don’t think feel

加藤弥平治の過去のコラム一覧

2386 2008.12.26 円楽
2385 2008.12.25 順不同・敬称略
2384 2008.12.24 中田ヒデへ
2383 2008.12.23 隣のインド人
2382 2008.12.22 ネットおかま
NO
年月日
名前
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
  • 年  月から   年  月まで