リレーコラムについて

見てはいけない〜前篇

橋本剛典

前回の杉山くんが「AVの話が反響あって良かったっす」と得意げにしていた。
「フン。そりゃエロに振った方が目立つさ」と冷笑したが、すぐ考え直してAVの話をすることにした。

半年前、私はインドの片田舎の農村に身を置いていた。そこで知り合ったのがラチャ。25歳のハンサムな若者だ。

そんなラチャが
「ハスモト(上手く発音できていない) お前、オレの友達。だからオレの宝物、見せる」
と棚の奥から一枚のDVDを取り出した。彼の淫靡な笑みに、すぐアダルトだと気づく。

私は内心ガッカリした。正直、インドのAVが、日本の高度に進化したAVに勝てるはずがないからである。しかし、そのDVDはいわば彼と私との友情の証。だから彼のプライドを傷つけないために、興味津々な様子を私は装った。

「観たい、観たい!」

迫真の演技が功を奏し、得意げに胸を張るラチャ。
「これ、ジャパニー(日本)の親友が送ってくれたエロエロね。まだ私も観ていない、とっておきね」
「凄い! 早く観よう」

ますますハイテンションな自分を演じる私。それを悠然と制するラチャ。

「慌てるな、ハスモト。うちにはDVDデッキがないね。けど、友達の家にはあるね。今日、そこに一緒に行くね」

私はDVDを手に取る。タイトルが直にマジックで書かれている。私は驚愕した。

どうみてもスカ●ロものなのである。

ラチャは日本語が読めない。ラチャの親友は、彼に悪ふざけでこのDVDを送ってきたのである。もし中身を観たら、彼は友人に裏切られたことに深く傷ついてしまうだろう。

「このDVDを再生させてはならない」 
そう決意する私に向かって、ラチャが言った。

「じゃあ、そろそろ行くね」

続く。

NO
年月日
名前
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
  • 年  月から   年  月まで