リレーコラムについて

小病気生活

安路篤

小野くんから引き継いだ、安路です。
彼がフリーのころ、会社の近くでちょっと相談に乗りました。
小野くんは、目が大きくて優しい印象でした。
このところ、前にもまして体調が悪くヒマなので、簡単にコラムを
引き受けてしまいました。
今日は、2時から慈恵医科大へいきます。
そして、夕方は新入社員のクリエイティブ研修。
先週、コピーの課題を出したのですが、最近の新人はみんな
コピーが上手です。僕が入ったころは、研修らしいものもなく、
誰もコピーのことなんか教えてくれなかったので、1,2年は
信じられないほど下手でした。
今なら、たぶんCR局に配属されていないでしょう。

さて、今日は何を書きましょうか。
やっぱり病気のことでしょうか。前回のリレーコラムのときも、
胃の病気のことを書いていましたが、胃は治り、今は
自律神経失調症です。朝と夕方に軽い精神安定剤みたいなのを
飲んでいます。なってしまったのは、一年半ほど前。

しゃべるのが大好きだから、プレゼンとかは勢いで乗り切ったり
して、クリエイティブの中身を口でカバーしていたこともあったのに。
その日は朝からフラフラで、今まで味わったことの無いしんどさがあり、
後輩のデザイナーに弱音を吐く始末。ほとんどウィスパーボイスで
無理やりプレゼン、その後すぐ病院へ直行しました。

点滴を打ったら少しラクになり、先生といろいろ話をしました。
好き嫌いが激しすぎるという、前々から気づいていた自分の異常な
部分を見抜かれてしまいました。たとえば、ワインなら、ボルドーのある銘柄の
1985年だけとか。犬でも、柴犬でその中でも、こういうカタチ、色と、自分の好みを
自分でどんどん狭めていってしまう。
職業病だろうか?
好きなものが1としたら、嫌いのものが99になっていく。なんか損な人生。
ある所だけ深く掘って、周りを見ていない。極めていれば格好いいんだけど、
そんなこともないし。
好みの狭さをどう生かすこともできず、中途半端なまま。
先生にも、
「この年で、もう性格なんか治らないよ」と言われてしまいました。
これほど自分の神経が細いとは。ついでに検査で血管も細いと判明。
去年は胆石も発見され、おまけに骨粗しょう症気味。
同年代の友人には、おかしいよ!といわれ、後輩にはグチってしまい、
病気自慢みたいに思われています。まあ、その通りなんですけどね。
いざという時、たとえば宣伝会議とかで講師をしていて、ヒートアップし
頭に血がのぼった時、僕はいま、後輩のコペーライター、
藤田くんにフォローしてもらっています。大変助かっています。
コペーライターとは、彼が自分で自分のことをそう呼んでいるからです。
では、今日のだらだら話、小病気生活を終わります。

安路篤の過去のコラム一覧

2209 2008.04.25 怒られたこと
2208 2008.04.24 電車の中
2207 2008.04.23 脳に素直に
2206 2008.04.22 恐怖の手続き
2205 2008.04.22 小病気生活
NO
年月日
名前
5188 2021.10.25 中川真仁 わたしが死んだら、わたしを探してください。
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
  • 年  月から   年  月まで