リレーコラムについて

ブルーな

倉成英俊

最近ディックブルーナの本が本屋に並んでますがその一節。

「いっさい文字がないものが、究極のポスターです。」

えーっ!?
じゃあ僕らどうしたらいいんですか?

そういうことひっくるめて、
次なるなにかを。

リレーコラム書くの3回目ですが、
なんだか読み返さずに書いちゃった位の感じで
すいません。
読んでいただいた方、来週にご期待ください。
電通の先輩、赤石正人さんにお願いしましたから。

若者の自己紹介的リレーコラムより
先輩たちの含蓄のあるものを希望して、
大先輩たちにいつも回すことにしています。
ほんといい先輩なんですよねえ、
コピーもなんかその感じが出てるので、
赤石さんのを見るとなんか優しい気持ちになります。
どっちかっていうと赤石さんを見る方が優しい気持ちになるな。
かかとつけずにつま先だけで歩く人です。
なんでかいままでリレーコラム書いてないんですよねえ。
なるべくそういう人に回しませんか?
僕なんかに3回も回さずにね。

じゃあ赤石さんよろしくおねがいします。

NO
年月日
名前
5188 2021.10.25 中川真仁 わたしが死んだら、わたしを探してください。
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
  • 年  月から   年  月まで