リレーコラムについて

ラグビーが、好きだ

皇甫相太

ラグビーが、好きだ。

中学から大学までの10年間、ボクは、ラグビーをやっていた。
付属校で、受験もなかったから、ホントにラグビーしかやってこなかったと言っても過言ではない。
おかげで、落第しかけたことも、大怪我を負ったこともあった。
しかし、この、楕円の球を相手ゴールに持ち込むだけという、極めて原始的なスポーツが、ボクは、たまらなく好きだ。

ラグビーを始めた頃、よく聞かされた話がある。

「ラグビーは、紳士のスポーツだ」

たとえば、ラグビーには、ボールを前に投げてはいけないというルールがある。
理由は、卑怯だから。
紳士に、卑怯なことは、許されないのである。

相手ゴールにトライするためには、もちろんのことながら、ボールを前に進めなければならない。
にもかかわらず、ボールを後ろにしか投げられないという不条理を、「紳士だから」の一言でねじ伏せてしまう、強引なスポーツ。

ラグビーが、好きだ。

ご存知だろうか。ラグビーの試合は、どんなことがあっても中止にならない。
雨が降ろうと。嵐が来ようと。たとえ、雪が積もろうとも。
ラグビーの試合は、必ず行われる。
なぜなら、今日試合をする、と約束したから。
紳士は、一度交わした約束を、決して破ってはいけないのだ。

雨や雪のせいで、泥だらけになってしまうユニフォーム。それを、洗濯する大変さも、「紳士だから」の一言で片付けてしまう、お母さん泣かせのスポーツ。

ラグビーが、好きだ。

試合終了の笛の後、審判は、高らかに宣言する。
「ノーサイド!」
今からは、敵味方なし。である。
控え室に戻ってシャワーを浴び、ブレザーに着替え終わると、競技場の一室には、軽い食事とビールが用意されている。
乾杯とともに、レセプションと呼ばれるパーティーが始まり、さっきまで死闘を繰り広げた両チームが入り混じって、お互いの健闘を、ただただ称え合う。
まさに、「ノーサイド!」
もう、闘いは終わったのだから、その最中に起こった全てのことは、水に流さなければならない。
紳士は、過去の出来事に囚われては、いけないから。

殴られたり、踏みつけられたり、時には目潰しされたり。そんな痛みですらも、「紳士だから」の一言で忘れさせようとする、ご都合主義なスポーツ。

ラグビーが、たまらなく好きだ。

NO
年月日
名前
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
  • 年  月から   年  月まで