リレーコラムについて

学ぶ。

富田安則

こんにちは。富田でございます。
まるでサザエさんのような定型の挨拶から始まってすみません。
一週間だけのお付き合い、お許しください。

あ、この「一週間だけのお付き合い」って、いやらしい響きですね。
蛇足ですが。

さて今回は、自己紹介がてらに、これまでのとても
輝かしくない人生を中心にお話したいと思います。
今日のテーマは、「学ぶ」について。

僕は、大学で勉強しまくった結果、卒業までに6年かかってしまいました。
「2年生フランス語」という講義がとても面白かったので、5回も履修しています。
再々々々履というやつです。

こんなにも素敵なフランス語を選んでしまったのは、理由があります。
周りの友人は「難しいから止めておけ」「出席が厳しいぞ」と、ちゃんと
忠告してくれました。ですが、このときの僕は、まったく他人の意見を
聞いていませんでした。

時は『あすなろ白書』が人気だった頃。
大学に入ったら、木村拓哉さんのように校舎内で
チョメチョメできると、田舎の少年は信じきっていました。
「女性が多いから」。僕が、フランス語を選んだきっかけです。

なので、文学部かつフランス語なんて、完全に勝ち組だと思っていました。
それが、たったの2日で不登校になるとは、思いもよりませんでした。
このように、勉学もチョメチョメからも見放されてしまった僕は、
当たり前のように単位をもらえませんでした。

そして、いよいよ同期が卒業し、寂しくなる…
はずだったのですが、大学では5年生は「天皇」と呼ばれているほど
えらい存在です。そして曲がりなりにも体育会系の活動をしていたので
完全に子分どもができてしまいました。

「今日は徹マンしたいな」
「なんか飲みに行きたい気分だな」

天皇が独り言をのたまうと、子分どもがざわめきながら
いつの間にか、人数を揃えてくれます。留年、最高です。

そして6年生になると、「天皇」は「神様」へ昇天します。
神様は、なにも言いません。一言も発することなく、
学校に来ただけで、いつのまにか麻雀が成立しています。

終わる時間も、周りはなかなか切り出せません。
「そろそろ…」という言葉を察知すると、神様には
「そろそろ飲みに行きたい」という風に聞こえてしまいます。

このような上下関係であったため、いつしか大好きだった
「2年生フランス語」を、優秀な子分に託するようになりました。
彼は律儀にも、毎回フランス語に参加してくれます。
たまには愚痴もこぼしますが、そんな時は5000円札を
彼のポケットに入れていました。

そんなある日、当然のように、試験の季節がやってきました。
そこで、僕は困り果てました。試験が難しいからではありません。
それは、僕が僕として試験を受けることで、先生が僕の存在を
受け入れてくれないということに対してでした。

なので選ぶ道は、ただひとつ。富田安則のコピーが、
富田安則として試験を受けることです。
世の中に、クローンを提供してしまったのです。(以下、2号)

2号は、前・後期の試験勉強を真剣にやってくれました。
それでも卒業が心配だった1号は、先生の所に菓子折りを持って
「単位は大丈夫か?」を尋ねてくるよう、2号に指示しました。

その命令に従って、2号は「『良』をもらえるらしいです!」と
報告してくれました。いつもドキドキだった成績授与の瞬間。
安心して取りに行き、再々々々履の項目にはちゃんと『良』が
付いていました。こうして僕の長い大学生活は、無事終わりを迎えました。

ほっとした面持ちで、いつもの集い場に行くと、2号の様子が変です。
めずらしく神は、「どうしたのかい?」と、上から目線で話しかけました。

2号は悲しげに答えました。「単位が…」
1号は、「ちゃんと取れてたぞ」と肩を叩きました。

でも、2号が続けて語ってきます。
「違うんです。自分のフランス語を落としてしまって・・・」
彼もまた、数年後に「天皇」となっていました。

時は金なり。

大学で教えてもらった、唯一のことです。

富田安則1号 ys_tomita@r.recruit.co.jp
富田安則2号 G-09091333781@t.vodafone.ne.jp(本人承諾なし)

富田安則の過去のコラム一覧

2004 2007.07.13 働く。 Part?
2003 2007.07.13 働く。 Part?
1999 2007.07.12 住む。
1998 2007.07.11 結婚する。
1997 2007.07.09 学ぶ。
NO
年月日
名前
5188 2021.10.25 中川真仁 わたしが死んだら、わたしを探してください。
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
  • 年  月から   年  月まで