リレーコラムについて

参加型コラム

佐藤延夫

年度末最後の一週間、皆様いかがお過ごしでしょうか。
大日の佐藤延夫と申します。
ラジオCMを中心にやっております。
5日間、お付き合いください。

それは先週の金曜日のこと。
僕のケータイがぶるぶる震えました。
電話に出ると、向こうでは子供がめっちゃ泣いてます。
只事ではない雰囲気です。

「実は、佐藤さんの可愛いご子息を預かっているんですよ。
 明日までに現金で1億円用意してくださいね。」

という脅迫電話である筈もなく、
大阪で頑張っている矢野さんからリレーコラムの依頼でした。
お子さんが泣いているではありませんか。
矢野さん、はやくCRに戻ってきてください。

では本題に入ります。

これはあるいは僕だけなのかもしれませんが
「コピーライター」という肩書きに違和感を覚えています。
たぶん僕の固定観念のせいです。
ポスターとかに10文字くらいで
かっちょいいコピーを書く人=「コピーライター」。
では、自分はなんなのか。
うーむ。
そもそもこれだけ多くの書き手がいて、百人が百人コピーライターというのもなあ。
もっと細分化できるんじゃないか、と新たな役職名を考えてみました。
ファイナルファンタジーのジョブシステムみたいなもんですね。

コピーファイター(言葉という最強の武器を振りかざす戦士タイプ)

コピーランナー(年単位で続く仕事を淡々とこなす職人タイプ)

コピーマスター(悟りの境地を開いた賢者)

コピードクター(コピー直しの達人。孤島に住んでいる)

コピーネーター(ターミネーターのように強靱なわけではなく、ネタ勝負)

うーん、もっと他にもいろいろありそう。
そこで大募集!

「私の周りにいるコピー○○○」

ハッと思いついたら、
satoh@dai-nichi.co.jp
までお気軽にメールください。
締め切りは3月28日(水)正午。
発表はその日のコラムにて。
応募してくださった方には、どこかでお会いした際に粗品を差し上げます。
どうか皆様、よろしくお願いします!
人生にドラマ性ゼロ、佐藤のリレーコラムを救ってください!

佐藤延夫の過去のコラム一覧

1929 2007.03.30 愛すべきラジオCM
1928 2007.03.29 個人的なこと
1927 2007.03.28 結果発表
1926 2007.03.27 続報
1925 2007.03.26 参加型コラム
NO
年月日
名前
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
  • 年  月から   年  月まで