リレーコラムについて

リレーのリレー<第4区>

タカハシマコト

昨日の下ネタオムニバスを読んで、「漢」新沢も、
やっぱり男だったんだなぁと温かい気持ちになりました。

あたたかいと言えば、ここ2、3日は、
異常暖冬にも輪をかけたような陽気ですね。
僕は寒さが苦手なので助かる面もありますが、
やはり2月は仲間はずれのように短くて、いちばん寒さが厳しくて、
大雪で山手線が止まったりする裏さびれた感じが
醍醐味だと思うのですが。
そして、日数が増えたり減ったりするこのふしぎな月が、
一年でいちばん好きです。
一日の密度が、ほかより2日ぶん濃いところも気に入っています。
以上、誕生月のエコヒイキでした。

とはいえ、花粉症の方は早くも大変なようですね。
リレーのリレー、きょうのバトンをお願いしたのは、
すでに憂いをただよわせている下東史明(シモヒガシフミアキ)くん。
はんなりした関西弁にくるんだ華麗な毒舌にも
拍車がかかっているようです。
昨日の新沢くんに続き、
こちらは昨年カンヌ・ヤングクリエイティブコンペの日本代表です。

*****************************************************************

[春のおとづれ]

街は受験シーズン真っ盛りである。
住んでいる場所が、たまたま、そうなのか、
受験応援グッズなるものをあちこちで配っている。
でもな、俺に渡すなよ!
何が「頑張ってください」や。
十分、高校生よりも頑張っとるわ。
会社で皮肉言われるんは、百歩譲って、まだええわ。
でもな、知らん人間に何で励まされなあかんねん?
「結構です」言うても、
しつこく「まぁ、お兄さんも頑張って。大変なんでしょ」とか言うな。
本人が一番わかっとるわ、大変なんか。
やかましいわ。

やかましいぞ街○車!
土曜の朝は寝とんねん。ゆっくりさせろや。
どの軍歌流してるか、すぐわかるぞ。ナメんな。
爺ちゃんの顔思い出して、起きてまうやろ。
せめて、俺の知らんやつ流せ。
それか演歌にしとけ。
軽々しく昭和維新の歌とか流すな。
車の中の奴、歌の出だしの「泪羅の淵」の意味知っとるんか?
多分やけど、知らんやろ! 俺は知っとるぞ!
青年将校も泣いとるわ。

泣いとるがな、俺の妹。
××家が買えんで泣いとんねん。
あいつ、金ないのに、職場で義理チョコ配りまくらなあかんから、
毎年この時期、××家に行っとんねん。
うまいし、安いねん。
でもな、妹よ、服を買い込む金があるんなら、チョコ代くらいケチんなよ。
チョコ代、ちょうだい、とかオカンに言ってんのちゃうやろな?
あ…、寒〜い駄洒落…。チョコ代、ちょうだい…。
我ながら情けない…。

情けないぞ、民放ニュース。
アニータのファンが空港につめかけたって、チリの人に誤解されてるやないか。
何やあの人数?
報道してるはずが、幇間になっとるやんけ。
テレビ見てる人であのニュース(?)に興味ある人なんて、どれだけおんねん。
他に伝えなあかんこと、仰山、あるやろ?
例えば秋田の事件のその後とか。
俺、少し気になっとるけど、どっこも報道してへんやんか。
ちゃんと流すやつ、判断してぇや。

判断せな、自分らで。
産む何とか、いう話や。またテレビネタや。
何やあれ?おんなじコメントばっかやないか。
街頭インタビューにしても、評論家センセーにしても。
誰に聞いても「あれはダメだね」「人間として…」「ダメ」…。
ダメなんは誰でもわかっとんねん。
その後に自分はどう考えたんかを話してくれや。
隣や横を見ながら、適当に感想をパクりあっとるだけやんか。あれじゃぁ。

何や、パクリやん。俺のこの話し方。
知っとる人は知っとるで。
西川のりお師匠のアレやがな。
でも、なんで、俺、こんなに意味もなく怒ってんねん?
そや、花粉が飛び始めてきて、イライラしてんねん。
今年、妙に早くないか。
耳鼻科行かな…。

NO
年月日
名前
5307 2022.05.25 淺井勇樹 勝敗
5306 2022.05.24 淺井勇樹 偶然
5305 2022.05.23 淺井勇樹 言外
5304 2022.05.20 上島史朗 夏休みの自由研究と哲学対話
5303 2022.05.19 上島史朗 アイデアのパッキング術
  • 年  月から   年  月まで