リレーコラムについて

なますて〜

籠島康治

はじめまして、佐藤由紀夫さんからバトンの、かごしまです。
どうぞよろしくお願いします。

ちょうど去年の今頃、初めてインドに行ってきました。
宿泊した知人宅はデリーから車で14時間、
標高2000mのヒマラヤの麓でした。その帰りの話。

妻と子は会社もないのでそのまま残り、
僕は一人でデリー行きのバス(すごい旧式のボルボ)に乗りました。
街灯もなく真っ暗で、しかもぐにょぐにょな山道を、
おんぼろバスは飛ばしまくります。
実際ときどき落っこちるそうです。
車酔いしながらようやくうとうとしてきた頃、バスが停まりました。
暗闇の中ハザードをつけて。
なんか起こったな。
そのバスには車掌さんが乗っていたのですが,
彼はすごい勢いで車を降りると
後ろから追い抜いていったトラックを手を振って止め、
そのまま飛び乗って行ってしまいました。
なんだ?何が起こったんだ?誰か教えて。
乗客たちもバスを降りてなにやら怒鳴りあっています。
声がデカいだけだったかも知れません。
まわりは畑。地平線まで,畑。
このまま飛行機乗り遅れたらどうなるんだ?
ていうかここどこだ?
しかしヒンズー語(かどうかも定かではない)、わからず。

結局それはガス欠で、先の車掌さんがボリタンクにガソリン持参で戻り、
僕はこうして無事にリレーコラムを書いております。
ことばは大事だね、ってお話でした。

NO
年月日
名前
5307 2022.05.25 淺井勇樹 勝敗
5306 2022.05.24 淺井勇樹 偶然
5305 2022.05.23 淺井勇樹 言外
5304 2022.05.20 上島史朗 夏休みの自由研究と哲学対話
5303 2022.05.19 上島史朗 アイデアのパッキング術
  • 年  月から   年  月まで