リレーコラムについて

走る女

荻野綾

コピーライターのおぎのです。
最近、走っています。
カラダのために。健康のために。
という立派なものではありません。
必然に迫られた全力疾走です。
家から駅まで。駅から会社まで。

9時半出社。
新しい会社に入って
9日ほどしか出社していませんが、
情けないことに、この規律とのバトルを
毎日展開しています。

常時、上が100を超えない低血圧と
献血にいっても血を採ってもらえない貧血症です。
いえ、別に言い訳ではありません。
ほんのひとりごとです。

走る女について、以前、おもしろいなと
思ったことがあったのですが。
企画の打ち合わせをしていたとき
「だらしのない女って、どんな女だろう」
という議論になり、
「駅とかを走ってる女の人」と言った子がいた。
えー、どうして? 走ってる=だらしない、が
すぐに結びつかなかった私としては、理由が気になり。
その子曰く、走ってる→いつもギリギリの行動→
時間管理のできない女→だらしない女、
となるとのこと。
なるほど。言われてみれば、そのとおり。

私としては、走ってる→大事な約束がある
→それを守ろうと必死→いつも一生懸命→人を待たせたくない→
義理がたいなぁ→責任感があるなぁ→いいヤツだなぁ。
という好意的な構図を持っていたので
まったく逆の反応にちょっと驚いたのですが。

人の行動、しぐさ、言葉も、きっとそうですが、
とらえ方は、人それぞれ違ってあたりまえだよなー。
というもっともらしい結論を、一瞬アタマに描いたものの、
もしかして、自分が持ってた「走る女像」って、
いつも走っている側の都合のいい解釈?
といいますか、単なる弁解、自己弁護、ということでしょうか。

明日は、歩いて出社します。

NO
年月日
名前
5691 2024.04.20 長谷川輝波 #マイナス5キロジーンズ@韓国の街中
5690 2024.04.17 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@新宿ゴールデン街
5689 2024.04.12 三島邦彦
5688 2024.04.11 三島邦彦 最近買った古い本
5687 2024.04.10 三島邦彦 「糸井重里と仲畑貴志のコピー展」のこと
  • 年  月から   年  月まで