リレーコラムについて

ハートゲイ?

斉藤尊司

I&S BBDOの斉藤尊司です。
昨日のコラムでしょんぼりしていたら、メールが舞い込みはじめました。
やた!やた!! ありがとうございます。
うれしいですねぇ、ホント。涙がでそうになりまひた。。。(ぐすん)
またぜひ、ご意見、聞かせてくださいね。
ってわけで、今日もがんばって書きます。よろしくです。
※なんのこっちゃ???の人は前回、前々回のコラムへ。

ボクは、本当は、女性よりも男性のほうが好きなんじゃないか、って
ときどき思います。とくに胸板の厚い、いやいや、そっちじゃなくて。。。
胸の奥の熱い人、いわゆるハートの熱い人(古いなぁ、この表現)
に出会ったりすると、ついつい夜を徹して話しこんでしまう。
で、朝。太陽がビルの谷間をえっちらおっちら昇る頃、
すっかりその人にいかれてる。勝手に好きになっている。
男がほれる男。みたいなタイプに、そうとう弱いようなのです。
まだ男の人との肉体交渉はないので(ま、今んとこ、そのつもりもないのですが)
精神的ゲイ。ま、ハートゲイ?とでも申しましょうか。

で、この業界には、ボクの好きな、熱い男たちが山のようにいる。
広告やコピーの話を延々と熱く語る人。そういう人たちが大好きです。
(もちろん女性にもいるのでしょうが、たまたまボクの周りは男ばっかで。。。)

たしか6〜7年前。宣伝会議主催の幻の広告賞
「コピー・オブ・ザ・イヤー賞」というのがあって
(なぜ幻かって、コレ、1回だけで打ち切られたんです・・・残念)
その授賞式の後に、なんとなく一部の受賞者たちで飲みに行きました。

このときのメンツが、いま思うとけっこうスゴイ!
山本高史さんを筆頭に、藤本毅さん(アサツー→フリー)、安路さん(大広)、
安谷さん(大広→博報堂)、紫垣さん(当時リクルート)、
島田さん(フロンテッジ)、久米さん(アサツー→ADK)などなど。
(ま、何がスゴイって、野郎だけ!ってとこがスゴイんですけどね)
野郎が10名ほど膝つきあわせて、コピーについて語りあったわけです。
このときの語りは、さすがにみんな青くて熱かった!

お題は「あなたのベストコピーライターは?」。
誰がどなたの名をあげていたかは、ここでは伏せますが、
このうち7〜8割の方がやはり、仲畑さんの名を挙げていました。
で、「いちばん好きなコピーは?」となると、意外とバラバラ。
それぞれの人のコピーに対する好みや価値観が見えてなかなか面白いものですよ。

一方、TCCの同期で飲んだときに、この手の話題を持ち出したところ、
その場では、こんな見解にたどりつきました。
「いちばん好きなコピーは?」というお題の場合、
だいたい大きく2つに分類できる、と。
「好きだから、あげる。」派と「ひとりより、ふたり。」派。
どんな分類やねん、それ!と思われるかもしれませんが、
まぁ、よーく考えていくと、なんとなーくわかる気もする。
(その場でみんな、なんとなーくわかった気になっていたので・・・)
理論と感性。左脳と右脳。そんな分け方だったと思います。
正しいかどうかは別にして、そんなことを語りあえるのがうれしいじゃないですか。
ちなみにボクは、「好きだから、あげる。」派。

さらに「憧れるコピーライターは?」となると、
「ベストコピーライター」とは少し違ったりして、また面白い。
ボクの場合は、眞木準さん。「おしゃれ」という独自の芸を確立されている一方で、
「きょ年の服では〜」的なモノの真理をスパッと言い切るコピーも上手い。
その両面を持ってるとこが、カッコイイなぁ、と思うわけです。
そうそう、「十歳にして愛を知った。」とかの
ギミックもの(って呼んでいいのか?)も大好きだし。

で、ボクが第一企画〜ADK時代に8年ぐらいお世話になったCD
(前々回登場の能丸さん)から、よくこんなことを言われました。
「言ってることは間違ってねぇんだけど、コピーに芸がない。芸を見せてみろよ!」
それこそ芸歴の浅いボクにとって、
当時、芸!と言われて思いつくのが、この「おしゃれ」だったわけです。
懸命に真似したのですが、ご存知の通り、これを見事に着地させるのは至難の業。
眞木さんの名人芸には遠く及ばず、ボクレベルでは「おしゃれ」じゃなくて
「おじゃれ」ぐらいにしかならない。(あ。これ今、周りで流行ってます。ね、関さん)
ま、カタチだけ真似ても、しょうがないってこと。

芸歴15年めの今になって、やっと気付き始めているのですが(おそっ!)、
コピーにおける芸って、何もギミックやロジック、言い回しのことだけじゃない。
コピーライターが、その商品、その企業と向き合うときの
その人なりの、こころ持ちやこころ構えのほうが、よっぽど秀でた芸だったりする。
いわば、こころの芸。これも一種のハートゲイ?なんて、
つまんないことを考えていたりする今日この頃です。
(ヤバイ!これじゃ、単なる「おじゃれ」落ちだ。。。)

(気を取り直して、と)
明日は、ボクがいま思い描いている「こころの芸」について
書いてみようと思います。

NO
年月日
名前
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
  • 年  月から   年  月まで