リレーコラムについて

はじめまして

神山浩之

はじめまして。
ウソつきの神山といいます。コウヤマと読みます。本当です。
よろしくお願いします。

今日は、ウソの話をします。

ずいぶん昔のことですが、営業の人に見事に騙されたことがあります。
テレビCFのコンペだっていわれて、プレゼンに行ったら、
コンペではなくて自主プレだったのです。
「コンペなんて一言も言っていないぞ」という消極的なウソではなくて、
「競合相手は博報堂」という積極的なウソ。
その営業いわく「自主プレって言ったら燃えてくんないじゃん」ですって。
その人は今、イ○○○○○○ドにいます。

同じく年間キャンペーンのコンペだっていわれて、プレゼンに行ったら、
2時間のプレゼンを終えてからクライアントに
「ごくろうさま。ところで、来期のコンペはもう終わって
もう製作に入っているのに、これは何のプレゼン?」と
聞かれたこともあります。
その営業は今、A○○にいます。

バイトでPCゲームの企画をした時のこと。
ボツになった企画なんですけど
「どれだけウソをつきとおせるか」というゲームを考えました。
主人公は出会う人、出会う人すべてに、
自分を良く見せるためのウソをつきまくります。
「高校生まで英国で暮らしていた」。
「空手6段」。
「父は石油王」。
「愛してるのは君だけ」。
「だから、ちゃんと手は洗ったってば」。

同じウソは1回しか使えません。
初対面でウソをつくことは簡単なのですが、
再会した時に「その相手にどんなウソをついたのか?」を
覚えておいて、辻褄を合わせなくてはならないのです。
つまり誰に?どんな?ウソをついたかを記憶するウソ版神経衰弱ですね。

「神山。すっごい企画があるんだって?期待してるよ」
「まかせてください。もう勝ったも同然ですよ」

…もうすぐウソがバレてしまいます。
すっごい企画なんてありません。
今までリレーコラムを書いていたせいです。
僕には、コラムと仕事と両立させることができそうもありません。
明日からのコラムは、神山浩之さんにお願いすることにします。
神山さん。今度必ず埋め合わせはします。

NO
年月日
名前
5669 2024.02.20 佐藤雄介 上田さんについて
5668 2024.02.09 堀田さくら 最後かもしれないだろ
5667 2024.02.07 堀田さくら 外資系の人事って、こんな感じかなぁ
5666 2024.02.06 堀田さくら ゲームをしたいのか、仕事をしたくないのか。
5665 2024.02.05 佐藤一貴 神宮外野指定席C
  • 年  月から   年  月まで