リレーコラムについて

小麦粉婆ちゃん

佐藤大輔

ボクが小学校1年生のある冬。
祖母と二人で近所の散髪屋(近所と行っても2キロも離れてるんですが)
に行っている時それは起こりました。

歩いていた祖母が突然足を滑らせ、こけてしまったのです。
祖母はその場でうずくまり、足首を抑えすごく痛がっていました。
幼かったボクは、足を痛めただけなのに
祖母が死ぬのではないかと思い
怖くて悲しくて泣き出しました。
そして病院も近くにないし、父も母も働いていたので
必死に祖母をおんぶし、家に連れて帰りました。

家に帰りつくと、祖母が突然
「小麦粉と卵と水と何々を持ってきて」と言いました。
ボクは何のことかよくわからなかったけど、
急いで祖母に言われものをもっていきました。
そして祖母はそれらをボールに入れてこねはじめました。

何でこんな時に饅頭をつくってるんだ
とボクは不思議に思いましたが、
次の瞬間そうでないことがわかりました。

なんと祖母はそのこねた小麦粉を
痛めた足首にまいていたのです。
そうです、祖母は小麦粉でギブスを作っていたのです。
数十分後、足首につけた小麦粉はカチカチにかたまり、
ギブスになっていました。
これが昔の人の知恵なのでしょうか。

夕方共働きだった父と母が帰り、祖母の姿を見て
なぜ病院にいかないんだと激怒していました。
しかし、ボクは祖母の知恵に感動し、
お婆ちゃん子になろうと決めたのでした。

NO
年月日
名前
5307 2022.05.25 淺井勇樹 勝敗
5306 2022.05.24 淺井勇樹 偶然
5305 2022.05.23 淺井勇樹 言外
5304 2022.05.20 上島史朗 夏休みの自由研究と哲学対話
5303 2022.05.19 上島史朗 アイデアのパッキング術
  • 年  月から   年  月まで