リレーコラムについて

まじめなコラム。

米村大介

福岡のアド・パスカルにいた頃の大先輩、占部さんからバトンを受けました、
電通関西TOKYOROOMの米村大介です。なんだか元アド・パスカルの人が続いてますね、僕で4人目。
コラムなんて生まれて初めてなんですが、サボらないようがんばるのでよろしくお願いします。

では、コラムです。(木村太郎風)

一発目なんで、少しはまじめな話をしたいなって思います。
こないだ、近所の小さなレンタルビデオ屋さんに行ったんです。
店内をうろうろしつつ、目的の奥の方へ行こうと思い、
カーテンをくぐったら、なんと、そこには女性しかいないんです。
ま、4、5人くらいでしたけど、男子便所入ったら女子ばっかだったみたいな奇妙な感じ。
その中の1人は、あとで男と一緒に選んでましたが、なんか深刻なカップルだし、
あとの人たちはいちいちタイトル声に出して読んでケラケラ笑ってるし。
ホント、まじめに選ぼうとしてる僕の身にもなってほしいものでした。
って僕のことはどーでもよくて、
要は、僕の周りを取り巻く女性像が、ここ数年で少ーしずつ変わってきてるなってことなんです。
ある意味ふつーだけど、昔じゃ考えられないことが起きることがある。
たとえば、今スロットマシンとかやってるといかにもプロっぽい手つきの女性がいたりする。
一人だけで。朝から晩まで。割と美人でしかもおしゃれ。街に出るような気分でパチンコに来てる。
最近はタバコを吸う人だって、僕の周りでは女友達のほうが多かったりする。
ま、偏見といえばそれまでですが、これから先、オトコの社会問題だったものとかが、
男女共通の問題になったりしてゆくのかもしれないなぁって思うんです。
女のホームレスが増えるかもしれない、女の痴漢だって出るかもしれない。
そんなことまで言ったら女性の皆さんからモノが飛んできそうですが、
少しでもそういうありえない現象が起きたとき、世の中の人たちは男女平等な
社会を肌で実感するんじゃないかっていう気がします。

以上、コラムでした。
(明日はもー少しくだけます)

NO
年月日
名前
5689 2024.04.12 三島邦彦
5688 2024.04.11 三島邦彦 最近買った古い本
5687 2024.04.10 三島邦彦 「糸井重里と仲畑貴志のコピー展」のこと
5686 2024.04.09 三島邦彦 直史さんのこと
5685 2024.04.06 中村直史 追伸
  • 年  月から   年  月まで