リレーコラムについて

6月27日(月)

松田正志

こんにちは。
弊社の後藤からバトンを受け取りました、
広告研究所の松田です。どうぞよろしく!

【コラム】

そこまでやるかをやってるか

私はかつて大学で昆虫の研究をしていて、
将来は虫博士になろうと半分本気で思っていました。
で、私が毎日通っていた昆虫学教室には、
奇特な人がたくさんいたのであります。

仲間と昼飯中、虫の話に夢中になったコマツさん。
スプーンにカレーライスをすくって宙に浮かせたまま、
30分くらいガーッと虫の話をひとりで語っている。
みんな飯は食べおわっている。
「コマツさん、飯!」
「あ、忘れてた」

アフリカのザイールに昆虫採集に行ったミゾタ。
現地の子供達を集めてお目当ての虫の写真を見せる。
「これ、とってこい。金やるぞ」
ザイールまで行く熱意があるのなら、
そんなに求めていた虫なら、
おまえ自分で採って来いよ!

フン虫(フンコロガシの仲間)を飼育していたある研究員。
いつもはフン虫の餌を冷蔵庫に保存しているのだが、
そのときフン虫の餌を切らしてしまって、
考えたあげく自分のフンをフン虫に…。

という、とても研究熱心な人々と接してるうちに
「アタシ、もうあなたたちには、ついていけない!」
と、不良グループにあいそをつかした女学生のように
私はその研究生活を辞めてしまいました。

プロの世界には素人に「やっぱりそこまでやるのか!」
と言わせる常軌を逸した行動がつきもの。
そこで、コピーライターの世界。
「キャッチ500本」「ウ○コしながらコピーを考える」
「夢の中でプレゼンしてた」などは、
ハタから見て、「そこまでやるか!」と思える行動にあたるかもしれませんね。
最近の私といえば「そこまでやるか!」ってとこまでぜんぜんやってない!
いつか「松田?ああ、あいつはコピーの変態だから」と言われる日まで、
ガンバリます!

【このCM、なんか好きだ!】

「明治ミルクと、俺と佐野さん」
すっごい好きです。
佐野さんも佐野さんの声も
最後に「俺と佐野さん」を第三者が
外から眺めてる意味不明なシーンも、
「メ・イ・ジ ミルクとコーヒー」という
リズミカルなサウンドロゴもぜんぶ好きです。

【「加齢臭」に怒りの鉄槌】

近ごろ「加齢臭」という言葉をよく耳にしますが、
あれがどうにも好きになれません。
「加齢」といういかにも冷たい表現に
「臭」とこれまた遠慮のない言葉選び。
「あなたは年寄りです。そして臭いです」と
英語を直訳したようなデリカシーのなさ。
だからといって「シニアフェロモン」のような
ぬるい言葉がいいかというと
それもどうかと思うので
とりあえず「加齢臭」でいいです。

勢いあまって、初回から
3コーナー仕立てでお送りしました。
どこまで続くかわかりませんが
1週間よろしくお願いします。

NO
年月日
名前
5066 2021.01.26 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/デパート
5065 2021.01.25 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/電車
5064 2021.01.22 三島邦彦 猫と薪ストーブ
5063 2021.01.21 三島邦彦 方法のかけらたち
5062 2021.01.20 三島邦彦 日本宴会芸学会
  • 年  月から   年  月まで