リレーコラムについて

十分。

鈴木契

ご紹介にあずかりました鈴木契です。

リレーコラムというわけで
バトンを落とさないように前の田中さんとと
同じくらいのスピードでしっかり
バトンをつなぎます。
早く飛び出しすぎてバトンのゾーンを
はみ出して甘酸っぱいコラムに
ならないようにノリをそろえるようにもがんばります。
また、次の人を追い越さないようにもします。

まず、振られた話は甘んじて受けるということで
スズキという名字のお話。

まあ、田中や佐藤ほどトップを
あらそうわけでもないし、スズキさんのイメージは薄い。
みなさんの周りのスズキさんって、薄いでしょ。存在が。
結婚するとき、嫁に申し訳ないと思いました。
でもこないだ、どこにでもハンコ売ってるからいいんじゃない?
とどうでもいいフォローをされました。

そんな私は、変なあだ名を付けられるよりはましかなと
いじめられっ子的発想で名字のことは考えないことにしてました。

でもこなないだ、そんな事なかれ主義の私を揺さぶるお芝居を観ました。
観たといっても、視聴料を払った上でのNHKで観たのですが。
(ちゃんと視聴料を払うところも鈴木らしい)

それは、今っていうか最近ずっと勢いのあるスズキ。
松尾スズキさんの舞台でのこと。
松尾さんの自伝的芝居の中で松尾さんの芸名が決まるエピソード。

お芝居を終えて、
まわりの人から散々バカにされる松尾さん。
「おまえなんか、ありきたりだ!」
「おまえみたいなやつには、松尾なんてもったいない!」
「おまえなんかには、スズキで十分だ!スズキで十分だ!」

「スズキで十分。」
その日から、私の座右の銘になりました。
たいそうなことを望んではならない。
地に足をつけた人生を歩もう。
スズキという名字からいつもそう教えられています。
まあ松尾スズキさんは下の名前ですけどね。

そんな私の下の名前は、契。
なぜこの名前かは、
進藤さんの「宗教のことですとか」
からリレーして書ければと思っています。

年度末のお忙しい中、おつきあいよろしくおねがいします。

NO
年月日
名前
5117 2021.06.13 尾上永晃 年齢と経験を重ねることについて
5116 2021.06.12 尾上永晃 アジア的な広告?
5115 2021.06.10 尾上永晃 汝、つねにキメるべし
5114 2021.06.07 尾上永晃 表現と構造
5113 2021.05.22 河西智彦 「褒め」と自己評価と他己評価
  • 年  月から   年  月まで