リレーコラムについて

美しき、灰色

竹之内葉子

昨日は、「片頭痛との終わりなき戦い」という、痛みに耐えて、ああ、よく生きてきたかも・・・
という話のご紹介でしたが、今日はちょびっとだけマジメに。

正月、実家に戻ったときの話。
親が読め、読め!というので、読んだ二冊の本があります。

本の題名は、たしか、「ほっとする禅語」。
禅の言葉が、1ページごとに書いてあって、その教えの解説が添えられているというもの。

えー、禅とか言われてもよくわからないよ、そんな高貴な生き方なんてしてないし、
生活態度とか、いいかげんだし・・・とぶつぶつ言いながらも、ページをめくってみると、
これが、意外とおもしろい。つい、ふむふむと引き込まれてしまいました。というか、痛い言葉が多かった。
時期も時期で年末だったので、結局、自分を振り返り、振り返り反省していくはめになったわけなんですが。一枚一枚めくるごとに。めくるごとに。(親の狙いは、これだったわけでしょう)

胸に刻まれた言葉はいくつかあります。が、そのときに、とくに印象に残ったものを、
せっかくなので、ここでひとつご紹介。

「善をも思わず、悪をも思わず」

どういう意味かというと、人間は、なんでも、いいか悪いか決めたがる。なんで、そんなに決めたがるのよ。ということらしいです。ちっぽけな私には、大きすぎ〜る話ですが、宇宙の方向に、上下も左右もなく、善も悪もない・・・と。要するに、さまざまな物事を、対立させて見ていると、「どっちがどっちで、どっちはどっちだ?」迷いに惑わされて、高い次元から物事を見れなくなりますよ、見誤りますよ!!!ということなんだそうです。

イラク戦争にしても、世界で起こっているいろんな紛争も、これに当てはめてみるとなるほど興味深い。
ブッシュ大統領は、若い頃アル中で、そこから更生しようと30代のころ再洗礼を受け、
そのときに、キリスト教の教えの影響で、善か悪か二元論に目覚めたと、あるテレビ番組で見ました。

彼が、万が一、どこかで禅の教えの影響を受けていたら、世界の行く末は、かなり変わっていたんじゃなかろうかと、その影響力の大きさを思うと、読みながら感慨深く・・・。

善か悪か、敵か味方か。白か黒か。
白でも黒でもない、その間に広大にグラデーションとなって広がる美しき灰色の存在を
いま、ちゃんと認識した方がいいかもしれないなと、争いごとの多い世の中で思うことでした。
では、また明日。

NO
年月日
名前
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
4964 2020.09.16 山内弘基 明日のトラノコ その3
4963 2020.09.15 山内弘基 明日のトラノコ その2
4962 2020.09.14 山内弘基 明日のトラノコ その1
  • 年  月から   年  月まで