リレーコラムについて

女性専用車両の、非日常な出来事

武藤多恵

私が通勤に使う路線には、深夜になると「女性専用車両」が
登場します。そこでは、「普通の車両だったら、ありえない
だろうなあ」と思う場面に出くわすことがあります。
今日はそんな、「女性専用車両の、非日常な出来事」を
書いてみます。

1.「女の子さんだ」オジサン出没。
明らかに酔っ払っている背広姿のオジサンが、
ブツブツいいながら車両を通り抜けていきました。
そのとき、私には聞こえちゃったんです、オジサンの独り言が。
「女の子さんだ、女の子さんだ」・・・。
一度、味わってみたかったんでしょうね、この世界を。
この上なく、シアワセそうな顔をしていました。
一瞬の出来事に、警備員さんも間に合いませんでした。

2.旧友に会う確率が上がる。
同じ方面に帰宅する女子が集まる車両ということで、
地元の友人に会う確率が高くなるみたいなんですよ。
「わー、○○ちゃん久しぶり」なんて声が、
聞こえてくることがあります。

3. 連帯感が高まる瞬間。
それは、男性が間違って乗り込んできた時。
見ず知らずの女の子たちが、目と目で語り合います。
「あの人、気がついてないのかしら」
「あ、ホントだ。女性専用車両なのに」・・・。
たいがいの男性は、視線を感じて隣の車両に移ります。
たまにきゃしゃな男の子が、そ知らぬ顔で
乗ってくることがあるんです。そのときは、すごいですよ。
「女の目は、ごまかせないわ。あなたは、どう見ても
オ・ト・コ」。一斉に、みんなの目が語ります。
(もちろん、私の目も語ってると思いますけど)

私は今まで、どちらかというと男性のほうが
多い社会で生きてきました。だから、女性専用車両は
新鮮です。いろんな年代の女性が一堂に会するので、
それぞれの年代の流行モノを知ることができるのも、
おもしろい。最近、終電より遅くに帰宅していて、
なかなか乗れないのが残念です。

NO
年月日
名前
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
  • 年  月から   年  月まで