リレーコラムについて

東京SOS!

福本ゆみ

先日、ゴジラを見たんです。
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ、東京SOS!
驚きました、あんまり面白くて。
というより、ほとんど感動してしまいました。
あまりにも、作り手の愛情に溢れていて。

スピード感のあるプロローグが、タイトルに変ると、
オーチャードホールは、大歓声に包まれました。
もうそれだけで、楽しくなってしまいます。
そうそう、東京国際映画祭の出品作品だったんです。

イタリアオペラはイタリアで見るに限る、なんていいますけど、
ゴジラはやっぱり日本? 盛り上がりが違います。

監督は、いつかゴジラ映画を監督する、という夢を持ち続けた人。
フリーの助監督として修業を積んだ後に、
その夢を実現させるべく、満を持して、東宝に入社したそうです。

19年ぶりに、昔の特殊技術スタッフを呼び戻したり、
初期の頃の出演者を、実際にもそうである、43年後という設定で
出演してもらったり・・・ファンなら涙する仕掛けがいっぱい。

おまけに舞台は東京です。
東京タワーは、今回、バキバキです。
監督の熱意にほだされてか、オーナーが快諾したそうです。
六本木ヒルズは壊れません。まだ、償却してないですもんねぇ。
カレッタ汐留まで登場!
D社、S社、H・D&Y(ややこしい)社の方は、必見です!
よく行く虎の門の駅も、壊れます。
なぜだか、うれしい。

モスラも、オリジナルデザインに戻っています。
モスラ2では、羽の質感がいかにもプラスティックで、
納得いかなかったんですが(笑)
今回はこれも、監督のこだわり。
アメリカに特注したファーで、かわいらしさ倍増です。
でも、なんだかんだ言って、鱗粉攻撃しかできない姿が、哀れを誘います。
思わず涙・・・
あ、回りの人も、けっこう涙をぬぐっています。
着ぐるみ見て、泣くなんて・・・

でも、気合いの入った仕事には、本当に感動させられてしまいます。
広告でも、そんな仕事が、大好きです。

さて、ゴジラは、12月13日、全国公開。
同時上映は、とっとこハム太郎・オーロラ谷の奇跡。

手元のチケットには、「勇気はときどき、奇跡になるのだ。」
なんていいコピーが・・

ところで・・・もう一回行く気なんですかね、この人??

福本ゆみの過去のコラム一覧

3465 2013.09.07 東北の歴史
3464 2013.09.05 花火
3463 2013.09.04 デーヴァ・ナーガリ文字
3462 2013.09.02 NoddIN
1044 2003.11.21 星の美しい島で。
NO
年月日
名前
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
  • 年  月から   年  月まで