リレーコラムについて

戦争になったら、どこに逃げるのがいいと思いますか?

春田凪彩

こんばんは、3日目の春田です!
今日もよろしくお願いします!!!

今日もガンボスとの話をしようと思います。

彼とは大学生くらいから毎週1時間ほど、
定期的に電話をしていました。

先日、ロシアとウクライナの戦争が始まった日のことです。
多分9割9分の人がお話しされたように私たちも
「ついに始まったなあ、やばいなあ」と話していました。

実際に日本もそうなった時どうしたらいいか、その日は真剣に話し合いました。

でも批判的なことを言って盗聴されていたら怖かったので、
「まあでも、プーチンも頑張ってるもんな」と、定期的に機嫌を取りながら
話し合いました。

 

結論から言うと私たちの中では、
やっぱりイオンに行くのが一番いいのではという答えになりました。

なんだか、イオンが持つ懐の深さってありませんか?
ミッドタウンとか、逃げ込んでも相手にされなさそう、
イオンなら…という安心感。

 

私は足が遅いので、逃げるのは正直諦めています。
だから、イオンにいったらLUSHにいるのが
一番いいんじゃないんか?と思っています。

だってLUSHはいつ行っても楽しいから。

彼には「食うことも逃げることもできひんのにアホか?」と言われたけど
前に防災の仕事をした時、有事の時はメンタルこそ大切だと学んだのです。

LUSHにはお試し用の深めの洗面台があるから、
焦ってる時に、泡風呂に入れたら元気になれるんじゃないかと思っています。

対して彼は、イオンなら、子供服コーナーに行って
瞬足を履けば逃げれるんじゃないかと言っていました。

確かに瞬足は、だれでも足が早くなる魔法の靴です。
逃げるには最適な靴かもしれません。

でも、瞬足には決定的な欠点があります。

運動場を早く走るためにできているので、左カーブにしか強くない。

もし左から敵が攻めてきたら、大回りして左カーブをかけながら
逃げないといけないのです。

LUSHと瞬足、どっちが強いと思いますか?

こんな風にいつも何にもならない話をしていたら
一回、奇跡みたいなことが起こりました。

ちょっと下品な話なので、苦手な人は飛ばしてください。

毎週の長電話で話すことがあるわけもなく、
ほとんど彼が話し続け、私は笑ったり相槌を打ってればいい日もたくさんありました。

ある日電話してた時に、尿意に襲われました。

いつもなら、ミュートにしていたのですが、その時は
「相槌打ってるだけやし、別に音聞こえへんやろ」
と思って、トイレで用を足してみました。

そしたら、

彼「まって、春田、トイレ行ってる??」

と、気づかれてしまったのです。

やばい。

LINEの集音能力をなめていました。

いくら、気の許せる相手とはいえ、異性の前で
思いっきり尿音を聞かせてしまったのはまずかったか…。と

ちょっと反省して

私「してたわ。ごめん」

と謝ったら、

彼「ちゃうねん。俺も今うんこしててん!!!」

2人「「やっば!!!!」」

めちゃくちゃ歓喜しました。

私たちは1回、下水道で繋がったのです。

これを「君の名は。事件」とよんでいます。

 

長々とすみません。

昨日から読んでくれた方にはもしかしたら、

本当に仲がいいんだな、とか
少し青春みたいだな、とか

思われた方がいるかもしれません。

でも実は、
彼は今年になってパッタリと連絡が途絶え、
心配で連絡してみても、すごく嫌なことばかり言ってくるようになり、

今は、ほとんど縁が切れているのです。

 

びっくりしませんか?

 

噂によると、結婚前提の彼女ができたらしい。とか
私が一緒に出ていたM-1を今年出るのをやめたから、とか。

理由があるのかないのかも、全くわかりません。
突然、ガンボスとの関係は終わりを迎えたのです。

積み上げた関係を一瞬で切れるのは、彼らしいなと思いますし、
このまま連絡がこなくてもいいかなと思います。

けど、今年なのか、何十年後なのか、
次会うときはまたいつものように、変わらない顔をしてるのだろうな、とも思う。

下水道で繋がっても、心はつながっていなかった。

この儚さもまた、ガンボスなのです。

**

今日も読んでくれてありがとうございました。

最近は、年齢のせいか結婚や出産、と
大好きだった人と疎遠になったりして、
関係性が変わり始めているのを感じます。

大学生の時みたいに、なんとなく家に人がいて、
また次の日顔を合わせて。
みたいな日がすごく懐かしくて。

最近は、友達が家に来て、帰ったあと、
めちゃくちゃ寂しい。
人生ではじめての感情を味わっています。

でも、学生の時に良い思い出を作ったから、
今、自分の人生を肯定できてるのかな、とも思うのです。
変わらず一緒にいてくれる友達も、いますしね。
また、振り返って宝物になるような日を作っていきたいなと思ってます。

 

大人になるって、結構さみしいんですね。

 

読んでくれてありがとうございました!!
明日は真面目にコピーの話とかさせてもらおうかな…

NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで