リレーコラムについて

人生を変えてくれたコピー。

春田凪彩

こんばんは、最終日の春田です!
本日もよろしくお願いいたします。

今日は真面目にコピーの話をさせてください。
皆さんには“人生を変えたコピー”はありますか?

好きなコピーはたくさんあるのですが
一つだけ、人生を変えたコピーがあります。

 

“好きなことで、生きていく

YouTube“

2014年のYouTubeのキャンペーンコピーです。

 

昨日、ジャスティン・ビーバーへの熱い思いを書かせていただきましたが、
大学3年生の時、今度は水溜りボンドというYouTuberにハマりました。

 

彼らが動画を始めようと思っていた当時は、まだYouTuberという言葉もなく、動画配信系男子と呼ばれていたようです。
ヒカキンさんでさえ、動画が上がるごとに掲示板で叩かれていました。

まさか、職業だなんて思われるはずもなく、
「いい大人が、バカなことをやっている。」
と、世間が揶揄する雰囲気が明らかにあったあの時。

突然、この広告キャンペーンが始まりました。

渋谷の109に看板がドーンと出て、
スライムにまみれたはじめしゃちょーの姿と、
「好きなことで、生きていく」のコピー。

水溜りボンドはその姿を見て就職活動をやめて、YouTuberで食っていくと決めたと話していました。
そして2015年1月、動画投稿をはじめ、今や400万人の登録者のいるYouTuberになっています。

コピー1つで、YouTuberは
無責任な大人から、
好きなことで、人生を生きる職業に、
世間の認知は明らかに変わり始めました。

いまや憧れの職業になり、どんどん次の世代も生まれ、若者のカルチャーの発信地になっています。

広告コピーには、泣かせたり、笑わせたり、きゅんとさせたり、感情を動かす名作が多いですが、
このコピーのように、世の中の定義を塗りかえ、実際に誰かの人生を動かして、文化を作ったコピーは、近年ほかにありますでしょうか。言葉の力を感じずにはいられません…。(偉そうにすみません)

 

あれ、
水溜りボンドの人生を変えたコピーになってしまいました。
でも違うんです、間接的に私の人生にも影響がありました。

私は水溜りボンドを登録者数が70万人くらいの時から見始めたのですが、
YouTuberって、生配信少年ジャンプというか、リアルタイムで、毎日悩んだり、挑戦したり、仲間を見つけて、
どんどん大きくなっていく様子を一緒に追体験できるんですね。

特に、水溜りボンドは過激なことはやらず”普通の大学生二人組”というスタンスでやっていたので、とても身近で、友達みたいに思える魅力がありました。

私は当時、クリエーティブな仕事は美大生とかがやるものだと思っていて、将来の道筋に思い描いてすらいませんでした。

でも彼らに出会って、普通の大学生が企画や、トークひとつで何百万人のファンがいるクリエイターに成長する姿を一緒に追いかけることができて、

もしかしたら、自分なんかでも、
こういう道に進むことができるんじゃないか?

と勇気をもらい、この職業を受けようときめました。

 

「好きなことで、生きていく」というコピーが
水溜りボンドを生み出し、
水溜りボンドという好きなことで生きている人がいたから
今のコピーライターの私がいるので、
やっぱりこのコピーは私の人生を変えたコピーなのです。

最後までシャープに語れませんでした。涙

また、このコピーの制作者の皆様、「意図が違うよ!」という感じだったら、すみません。涙

今日はこちらで終えさせていただきます。

 

来週からは、辻中輝さんにお願いしました!

まだ1度しかお会いできていないのですが、辻中さんのリレーコラムがすごく好きでお願いしたら快諾していただきました。

コラムを読んでた時、エピソードがあたたかくて面白くて、とっても紳士な人なんだろうなぁと思っていたのですが、実際にお会いすると予想に反してとっても気さくで、いい意味ですごくギャップがあったのを覚えています笑

受け取っていただいて感謝しかありません。読むのが楽しみです。

 

ではでは、5日間ありがとうございました!

NO
年月日
名前
5669 2024.02.20 佐藤雄介 上田さんについて
5668 2024.02.09 堀田さくら 最後かもしれないだろ
5667 2024.02.07 堀田さくら 外資系の人事って、こんな感じかなぁ
5666 2024.02.06 堀田さくら ゲームをしたいのか、仕事をしたくないのか。
5665 2024.02.05 佐藤一貴 神宮外野指定席C
  • 年  月から   年  月まで