リレーコラムについて

ラブレター⑤

山本友和

母の名前は、九二子と書いてクニコと読む。

祖父母が二人の子どもを幼くして亡くした後に生まれた母に、

九十二歳まで生きて欲しいと願ってつけた名前らしい。

 

話すことも書くことも笑うこともジェスチャーもできなくなった父は、

八月に奇跡と言える復活を遂げて、

なんとか母の名前をなぞった九月二日までたどり着いた。

 

僕が「おはよう、今日は九月二日だよ。」と伝えた朝、

いつもより強く手を握り返した父は、

ありたけの想いを込めて自分の灯火を吹き消したのだろう。

自分の命日に、母への感謝と愛情を刻んだ。

 

葬儀の後とは思えないテンションで、僕は家族に話した。

みんなが同じように、笑って泣いた。

大きい方の姉が「やっぱり、お父さんっていいよね。」と言った。

僕たちは、うなづきながら笑って泣いた。

 

 

僕は、こんなにロマンチックなラブレターを知らない。

嘘みたいによくできた話だが、

僕が高一の夏の終わりに体験した本当の話だ。

 

今年は、父の二十五年忌だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い長い話に付き合って頂いた方、ありがとうございます!

来週は、同期の野崎くんにバトンを渡します!!

 

野崎くんは、いつもいい仕事しているので、

明るくて楽しくて学びになるコラムを書いてくれると思います!

みなさん楽しみですね!!

山本友和の過去のコラム一覧

4646 2019.05.17 ラブレター⑤
4645 2019.05.16 ラブレター④
4644 2019.05.15 ラブレター③
4643 2019.05.14 ラブレター②
4642 2019.05.13 ラブレター①
NO
年月日
名前
4652 2019.05.27 佐藤舞葉 3日目のカレー
4651 2019.05.26 野﨑賢一 すねている
4650 2019.05.23 野﨑賢一 器について
4649 2019.05.22 野﨑賢一 焼きそばをつくった
4648 2019.05.21 野﨑賢一 桑田佳祐になりたかった
  • 年  月から   年  月まで