リレーコラムについて

Salon de Harem Season3 「失踪」

手島裕司

物語は、ここから緊張感を増してまいります。

会社の始動も10月に決まり、

三人の給料を設定する会議をすることになりました。

 

Aさんも、いよいよ具体的になったハレムのスタートを喜んでいました。

しかし、会議の前日、LINEでリマインドしたのですが、

当日になっても既読になりません。

約束の時間になってもAさんは現れないので電話すると、

「お客様のご都合でおつなぎすることができません・・・」

 

ホントに来ました、占い師が言ってた「人的トラブル」(´Д` )

 

会計士が「1週間待ってみましょう。

やむを得ない理由があるかもしれない」と言います。

3日経っても、1週間経っても、LINEは未読のままです。

共通の知人にたずねてみると

「ホントだ! 連絡とれません!」

何か事件に巻き込まれたのか? 生きているのか?

ネットでいろいろ検索するけど、めぼしい情報は見つかりません。

うかつでしたが、Aさんとの繋がりはLINEと携帯電話だけ。

自宅住所も聞いていませんでした。

手の打ちようもなく、我々は「1+1」のまま

ハレム設立へ向けてコトを進めていきました。

 

ある日、何気なくAさんとのトークルームを覗いてみると、

私のメッセージが既読になっていました。

その上で、Aさんは退出していました。

ということは生きているということ?

少しは安心しました。

私たちがAさんから受けた被害は、予定が狂ったくらいで

お金を持ち逃げされたとか、具体的な被害はありません。

むしろ「1+1=2」が「1×1×1=1」になることを防げたのかもしれません。

 

Aさん(ホントのイニシャルは違うけど)、

もし、このコラムを読んだなら連絡をいただけませんか?

怒ってませんよ。ただ、いっしょに会社はできないけど。

焼き鳥くらいなら奢ります。

何があったのか教えてください。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで