リレーコラムについて

TCC賞の審査会?

福部明浩

大広の安路さんからリレーコラムのバトンを、引き継がせてもらいました、
博報堂の福部です。
今日から1週間よろしくお願いします。

安路さんと知り合ったのは、今年のTCC賞の審査会です。
まあ、知り合ったというよりは、話し掛けて頂いた、という方が正確ですね。
いや〜あの時は有難かったな〜。
も〜ね〜TCCの審査会なんて、僕みたいな若造が平常心で
いられるような場所じゃないんですよ、実際。

最初に声を掛けていただいた1次審査のときは、前に秋山晶さん。
隣に多田琢さんという夢のような席順だったんですが、
[あれ?俺ここで何してるの?]って心底思いましたね。

「ボク、迷子なの?パパとママとはぐれちゃったかな?」なんて
警備員さんに聞かれてもおかしくないぐらい、オロオロしていたかもしれません。
面識のある博報堂の人もいなかったし。。。
まさか隣の多田さんに「最近忙しいっすか?」なんて
話し掛けるわけにいかないないでしょ。
間っ違いなく、日本で1、2を争うほど忙しいに決まってるわけだから。。。

東京大学物語の主人公のように、くだらない行動シュミレーションを
ひたすら繰り返してましたね。
もちろん表情は、これから始まる審査のことでアタマが一杯です、
みたいな感じを装っているんですが、実情は上に書いたようなものでした。

安路さんが話し掛けてくれたのは、まさにそんな時で、
きっと僕の心境を察して下さったのでしょう。
不憫に思われたのかもしれませんね。
ごく自然に、本当にごく自然に、やさしい大阪弁で話し掛けてくれたのです。
いやぁ〜、有難かったな〜。
なんちゅ〜エエ人や!と思いましたね。

先週の木曜日、安路さんから留守番電話が入っていたとき、
「ゲゲ、これはもしや、リレーコラムでは。。」と思いましたが、
(案の定その通りでしたが。。)大恩ある安路さんの頼みとあっては、
断るわけに行きません。
有難く引き受けさせて頂いた次第です。

というわけで、
明日は、若造の目から見た「TCC賞の審査会?」を書きたいと思います。
今日よりは、もう少し実際の審査について書こうと思ってます。
ではでは。

NO
年月日
名前
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
  • 年  月から   年  月まで