リレーコラムについて

折り返し

横道浩明

私はもうすぐ40歳になるが、
35歳の頃にこんなことを思った。

名古屋の地下鉄のホームで電車が来るのを待っていたとき、
私の前には70歳くらいの男性と、高校生くらいの男の子が並んでいた。
その2人を見て、本当に突然なのだが、
「俺はもう、こっちのジイさんの方なんだな」と思ってしまった。

自分の寿命は70歳くらい、と勝手に思いこんでいて、
その半分を示す35歳というデータからの判断だけではなかったように思う。

気持ちは、それこそハタチの頃と変わってはいないのだが、
もしかしたら、見映えがすでにオッサンになっているのではないか?
蹴飛ばしたサッカーボールを追って、気持ちはボールに着いていってるが、
まわりから見れば、明らかに脚は空回りしてもつれているのではないか?
それを、自分の中のどこかで感じつつある。
「折り返したな」と。

そして、それが明白な現実として自分に突きつけられる時が、
もうじき来るのだろうなあ、なんて考えてしまった。
(陰毛に白髪が混じっているのを発見した時がそれだ、とSさんは言う)

もう余生だと思えば、好き勝手なことをやれるだろうに、
なんで、いまだに「ひとさま」のことを考えたりしてるのだろう?
こりゃ、40歳になっても、まだまだ迷い続けるんだろうなあ。

・・・何も結論出ず。

では、私はここまで。
来週からは、ミスター地段、
ヤスジイこと大広の安路さんにバトンタッチということで。

NO
年月日
名前
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
  • 年  月から   年  月まで