リレーコラムについて

トリビアを聴きながら

林裕

しかし晴れませんな。なんでも気象庁は梅雨明けの撤回を検討している
そうじゃないですか。もう8月も半ばだというのに・・・。それにしても、
一年で一番景気のいい(経済的に、だけじゃなくてね)季節がこれじゃ、
それこそ泣きっ面に蜂ですよね。僕もボーナスが無くなるところまでは
ある程度予想をしていたけど、夏が無くなるとは思いも寄らなかった。

そんな雨がらみの話で最近知ったんですけど、カッパって日本語じゃ
なかったんですね。いや、河童じゃなくて合羽の方です。合羽橋って
地名にもなるくらいで、てっきり日本語だと思ってました。なんでも
ポルトガル語で「レインコート」という意味だそうで。そうですかへー。

そりゃ八重洲口もヤン・ヨーステンから来てたりはしますが、合羽の場合
あまりにも日本語としてこなれまくってるでしょう。だってね、たとえば
「雨合羽」という単語がありますよね。「あまがっぱ」と読みますが、
これは文法用語で言うところの「連濁」というやつです。清音が濁音便化
するというのは「雨傘」の「傘」、「忍者」の「者」、惣菜の「菜」など、
まあそれ自体珍しいことではない。でも、外来語が連濁するという話は
あまり聞いたことがないですよね。「少林ザッカー」とか言わないでしょ?

連濁のメカニズムは未だにハッキリしていなくて、歴とした日本語でも
同じ条件で連濁したりしなかったりするようです。たとえば「三階」と
書いても「さんがい」と読んだり「さんかい」と読んだりします。
つまり、よほど「ここで濁ろうぜ!」という了解を共有していない限り、
みんながみんな濁って読むということはない。「カッパ」は、もはや
その領域まで達しているわけですよ。これって凄いことですよね。
僕の中では日本語としか思えない状態になってましたからね。

その逆が「ヘドロ」です。これはもう、全く無意識のうちに外来語だと
思ってました。カタカナだし。ところがこの「ヘドロ」という言葉は
神奈川県津久井郡の方言で「ぬかるみ」という意味なんだそうです。
確かに「ヘド&ドロ」な感じは伝わってきますが、一体いつの間に
ぬけぬけとカタカナ表記の座をゲットしたのでしょう。普通に「へどろ」と
書いてやればいいんですよ。強いですよ、「へどろ」。きたねえっ!っていう
感じがして、こっちの方がいいでしょう。ホラーな感じさえしてきます。

てなわけで、最近知った小ネタで無理矢理コラムをでっちあげてしまいました。
明日はもっとちゃんと書こう。でも明日もたぶん徹夜なんだよな・・・。
いや言い訳はよくない。前向きに頑張ろう。負けないぞ。

NO
年月日
名前
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
4964 2020.09.16 山内弘基 明日のトラノコ その3
4963 2020.09.15 山内弘基 明日のトラノコ その2
4962 2020.09.14 山内弘基 明日のトラノコ その1
  • 年  月から   年  月まで