リレーコラムについて

タイガース1973

原尚樹

前回、阪神タイガースの勝負弱さについて書いていて、ふと思い出したのが1973年のセ・リーグペナントレース。この年も阪神らしかったなあ、実に。
まず最初のヤマ場がやってきたのは8月の巨人戦。タイガース1点リードで迎えた9回、巨人の攻撃。ピッチャーは江夏。一死一塁の場面でセカンドにゴロが飛ぶ。捕球した二塁手野田が、セカンドベースに素直にトスすればおそらく併殺完成でゲームセットだった。しかし野田は走ってくる一塁ランナーの長島にタッチしに行き、立ち止まった長島にタッチし損なって、そこからセカンドに送球したものだから併殺ならず。一塁にランナーが残ってしまった。
このツーアウト一塁から巨人黒江がセンターフライを打ち上げる。やれやれ今度こそゲームセットと思ったのも束の間、芝生に足をとられた阪神中堅手池田が仰向けにバッタリ倒れるという信じられない出来事が起こった。この間に打者走者の黒江まで生還し巨人が逆転。阪神は対巨人3連勝を逃したのであった・・・
ね?何とも勝負弱いでしょ?タイガースって。でも、そこが「できない子ほどかわいい」という心理をくすぐって、“ファン深度”を深めさせるんだなあ。そしてそれが「人間、肝心なのは“可愛げ”である」という私の人生哲学?を定着させたのでした。
ところで、このシーズン、阪神勝負弱さのドラマはまだまだ続くのですが、続きは明日。

原尚樹の過去のコラム一覧

0881 2003.04.25 ファン
0880 2003.04.24 タイガース1973 その2
0879 2003.04.22 タイガース1973
0878 2003.04.21 T vs G
NO
年月日
名前
5695 2024.05.20 諸橋秀明 コピーライターの未来について
5694 2024.05.09 諸橋秀明 新しいは、あらたしい
5693 2024.05.07 諸橋秀明 君の名前で僕を呼んで
5692 2024.04.21 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@ヘラルボニー
5691 2024.04.20 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@韓国の街中
  • 年  月から   年  月まで