リレーコラムについて

ダジャレについて

西井哲生

会話の流れの中でダジャレを思いついたら、
みなさんは口に出しますか?
TPOによりますが、僕は口に出す方だと思います。
その時の相手の反応はさまざま。
話の腰を折られたために不快感をあらわにする人。
おやじギャグまるだしだな、と不快感をあらわにする人。
…いずれにしても不快らしいです。
どうもダジャレはジョークの中でも一段下に
見られているようで、僕は少々不満です。

それは、いわゆるジョークの醍醐味とは聞き手にも
知性を要求し、それを理解し笑うことに充実感が
得られるのに対して、ダジャレの多くは自己完結型で
聞き手は取りつく島がないからではないでしょうか。
要するにコミュニケーションできていない。
だから聞き手は戸惑い、しまいには怒りだすのです。

そこで僕、考えました。
聞き手を巻き込んでダジャレを楽しむ方法を。
みなさんだけにこっそりお知らせしますね。

◎ダジャ例 (悪いパターン)

友人「アメリって映画観たんだけど、良かったよ」
僕 「え? アメマ?」
友人「………」

これでは相手は二の句がつげなくなり、鼻白むだけです。
ではどうするか。

◎ダジャ例(良いパターン)

友人「アメリって映画観たんだけど、良かったよ」
僕 「あぁ、確か間寛平の物語ね」
友人「…………それ、アメマやし」

要するにオチを相手に言わせるように仕向けること。
なんのことはない伝統的な漫才の手法ですが、
相手に行き場を失わせ、無理矢理ツッコミ役を
押し付けることで相手をこちらの土俵に引き込む。
ボケ側の真意を汲み取ったことによる充実感もあります。
どうです? みなさんもぜひ実践してくださいね!

ところでダジャレはコピーライティングでも
重要なファクターになることは言うまでもありません。
が、この話は長くなるので今度指名がかかった時に
しようと思います。

NO
年月日
名前
4973 2020.09.30 玉川健司 ずっと福岡にいるものと思っていたのに
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
  • 年  月から   年  月まで