リレーコラムについて

ウソのような本当の人

梅田彰宏

ウソのようなホントの話といいますが
ウソのような本当の人というのもいるもんです
友人のS君、彼の食欲にはホント驚かされます
ある時、メシでも食おうと言うことになり
たまたまトンカツ屋と中華屋が並ぶ渋谷の路地にいたときです
「どっちにする?」とS君が聞くもんだから
「じゃあ、中華!」と答え、そのまま店へ
あー、満腹、満腹と言って、店を出ると
「じゃあ、トンカツ屋行こう」とS君
「えー!!」
「なに言ってるんだよ、オレは入る順番を聞いたんだよ」とS君。

飲んだ仕上げはラーメン屋が相場なのに、彼は焼き肉屋なのです
タン塩、ロース、カルビ、焼き海苔をおかずにライスを2膳
これは彼の毎回のコース、これだけでも圧倒されるのに
店を出ると必ずこう言います
「10分待ってて、吉野家でちょっと食って来ちゃうから!」。

深夜、あまりにもお腹が空いたので何かないかと冷蔵庫を探るS君
そこに豚コマが、卵もあったのでこれ幸いにと
お皿に豚コマを載せ、ご丁寧に卵の黄身をその上に
彼の中ではユッケのつもりだったのでしょう、
焼き肉のたれをかけて豚肉を生でバクバク
2時間後、高熱と強力な下痢と吐き気におそわれ、
生まれて初めて救急車に
「死ぬかと思ったよ!でも、うまかった!」とS君。

「たまには、S君行きつけの色っぽい店に連れてけよ」とバーで誘ったら
「ダメダメ、最近オレぜんぜん遊んでなくて、
もう女の子のいる店わからないよ」とS君
行く当てもなく店を出たらピンサロの呼び込みのお兄さんに
「◎◎さん、昨日はどうも、今夜も来てくださいよ」
「バカヤロー、名前で呼ぶんじゃない!」とS君。

そんなS君から先頃電話がありまして
「いやー、42になったよ、ついでに結婚することになちゃってさ!」
こっちも思わず「ウソー、ホント?」と言ってしまいました。
S君は某大手芸能プロダクションの役員です
彼を役員にする会社がウソのようだけどホントにあるんですね。

NO
年月日
名前
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
  • 年  月から   年  月まで