リレーコラムについて

ウサギ泥棒。

原暁美

昨日に引き続き、今日もウサギの話です。

今からかれこれ四捨五入して20年近く前(大昔)、
私はウサギのように愛らしく(大嘘)、
銀座の某会員制クラブでパートタイムの
バニーちゃんをやっていました。

当時、コピーライターという仕事を知って、
宣伝会議の養成講座に通おうと思ったんですね。
で、授業料を即ゲットしたかった。
ま、それはいいとして。

バニーガールって、意外と重労働。
「あなた方はお店の調度品なのです」と言われ、
壁に寄りかからず、背筋をのばし、高いヒールをはいて
スカしたポーズでずーっと立っているんです。
お客の席に行くのは料理を運ぶ時、
水割りが空いた時(跪いてサッとつくる)、
タバコを取り出した時(胸元からライターを取り出し、
サッと火をつける)。それでもまぁ、水があったのか、
楽しく働いていました。そのうち、養成講座の
専門コースに進み、夜間パートを止めることにしたんです。

そしたら、なんだか欲しくなっちゃったのね、
バニーコート一式。私が老婆になったとき、
孫とか(いなけりゃ)近所の子供らとかを集めてさ、
「あたしゃ、今はこんなシワくちゃ婆だけど、
若い頃は小股の切れ上がった、そりゃ、
いい女でねぇ(←昔のことは何とでも言える)、
ほら、こ〜んなの着て、群がる男どもをバッサバッサと」
なんてヨタ話したいし。

・・・で、一式いただいてしまったんです。
もう時効だと思うけど、関係者のみなさま、その節は
たいへん申し訳ありませんでした。あのブルーのラメ入り
バニーコートは私が無断で頂戴してしまいました。

さて、後日談。ある日私は、ふと、バニーコートを
着てみたくなりました(ばかだね〜)。
耳、つけました。編みタイツ、はきました。コルセットも
ぎゅうぎゅう締めつけ、身にまとったバニーコート。
なのに・・・あれぇ。なんかヘン。太ったのかなぁ?
正面から見ると、ヘンじゃない。でも、
横から見ると、後ろ姿を見ると、なんかヘン!
あれぇ。あ、わかった! シッポがないじゃん、
とってくんの、忘れてるじゃん!!!

みなさん、なにをするにも抜かりなく、が鉄則です。

それでは、また、あした。

NO
年月日
名前
5068 2021.01.28 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/眉毛サロン
5067 2021.01.27 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/神社
5066 2021.01.26 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/デパート
5065 2021.01.25 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/電車
5064 2021.01.22 三島邦彦 猫と薪ストーブ
  • 年  月から   年  月まで