リレーコラムについて

クリエイティブ魂

藤本毅

それは俺が三十路をとっくに過ぎた、
ある冬の夜のことだ。

例によってぐでんぐでんになり、
例によってどうにかこうにか、
俺は我が家にたどり着いた。

明け方4時。
マンションのカギを取り出し、カギ穴に入れる。
開かない。

三十路をとっくに過ぎた俺は、少しも慌てない。
冬場、カギ穴が凍結するという話はよく聞くもんな、
と泥酔状態で5%しか機能しない頭で考える。
再び、回す。
開かない。
何度チャレンジしようが俺んちのドアは、
まるで鋼鉄仕様の処女のごとく硬く閉ざされたままだ。

三十路をとっくに過ぎた俺は、それでも慌てない。
家の中では、同居人が寝ているはずだ。
大変申し訳ないが、彼女をたたき起こせばすむ話だ。

と、余裕をかました俺に、
神は突如として試練を与えた。

下腹部に走る、強烈な痛み。
とんでもない便意が俺を襲う。
いかん、限界だ。いよいよ彼女をたたき起こそう。
ドアを開ければ数メートル先には、
女神のごときトイレ様が鎮座しているはずだ。

そのときである。
非常事態であるにもかかわらず、
さらなる非常事態が発生してしまったのだ。

俺のクリエイティブ魂が、
メラメラと音を立てて燃え初めてしまったのである。

「やっちゃったら、どーなんの?」

あの行為に関しては、
確か5歳のとき以来やったことがない。
チャンスだ。
ほのかな郷愁と、めくるめく好奇心にかられ、
俺は決意した。

と、ここまで書いて、
その先はオンエアに耐えられないことに
気づいてしまいました。すいません。
あとは勝手に想像(したくもないでしょうが)
してください。

さて来週は、同僚でありライバルである
迫田哲也さんにお願いします。
それじゃ迫田、あとは頼んだ。

NO
年月日
名前
5696 2024.05.28 加部達彦 ネタがない
5695 2024.05.20 諸橋秀明 コピーライターの未来について
5694 2024.05.09 諸橋秀明 新しいは、あらたしい
5693 2024.05.07 諸橋秀明 君の名前で僕を呼んで
5692 2024.04.21 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@ヘラルボニー
  • 年  月から   年  月まで