リレーコラムについて

眼鏡。

三井浩

事務所のHPにも、私はブログを書き連ねています。
毎日のように書き続けることもあれば(これが当たり前)
まったく更新が止まってしまう、気儘を繰り返しています。
いまは、未曾有の氷河期を迎え、ブログはカチカチに凍り付き、
春の気配もない状態になっています。

そもそもブログを書くきっかけになったのは、
仕事の肩慣らしになるのではないか、と考えたから。
しかし読んでいる人を練習台にするのも失礼なことで、
あるときから、自分なりに気合いを入れることになりました。

しばし更新が止まっているブログですが、きょうは、
その中から、恐らく、2年ほど前のものを再掲することにしました。
ご一読ください。

暮れから正月にかけて、眼鏡が3本なくなった。1本は恐らく暮れ、最後の
忘年会だろう。店に忘れてきた、と思い込んでいる。確率は、五分五分。
電話をしているのだが、正月休みなのか、出ない。まだ連絡が取れていない。

もう1本は、ベッドの脇にでも落としたのだろうと高をくくっていたが、
いざ探してみれば、まったく姿が見えない。いや、仕事場のデスクの上だ、
と記憶を修正してみたが、仕事場に出てみるとやはり机の上には影もない。

困ったので眼鏡チェーン店に行き、セール品を購入した。探し物は探すだけ
では出てこない。自分の探査能力もあるだろうが、あきらめて新しいものを
買ったときに、姿を現す。このおまじない結構効くのだが、お金がかかる。

さて、買った眼鏡を眺め、具合を確かめている内に、コートのポケットとい
う新しい「隠れ家」が思い浮かんだ。出掛けてそのまま着ていたコートに、と
思ったのだが当てが外れた。コートではなくジャケットのポケットだった。

電波でも発信しているのではないか。と疑いたくなるように、新しい眼鏡を
入手してから、遭難眼鏡が発見される。ワタシハココニイマス。加えて、別
の鞄から電波が届けられ、そこに眠っていた眼鏡が生還した。私の不注意か。

生まれてから目は丈夫で、充血する以外は、あまり問題を感じてこなかった。
眼鏡を必要としない目で、ずっと生活できてきた。その恩恵は大きなもので
あったことが、老眼になって初めてわかった。ないと、なにも読めない毎日。

妻は強い遠視で、若い頃は分厚い眼鏡をかけていた。眼鏡自体も重くなり、
その影響が肩こりなどに出ていた。眼鏡のいらない人はいいな、とよく言わ
れたものだが、当時、その幸運を実感したことは、あまりなかった。

いまになって、その幸運を感じながら、眼鏡のある生活の不便さを実感して
いる。暮れの打合せで、配られた資料を読もうと鞄の中をまさぐると、出て
来た眼鏡が、3Dメガネ。飛び出す企画書かよ。スタッフの失笑を浴びた。

失せ物は、いまも後を絶ちません。眼鏡に始まり、携帯、財布、鍵、
いろいろなものが私の前から姿を消します。
それはまるで奇術を見ているようでもあります。

三井浩の過去のコラム一覧

4395 2018.02.02 苦楽。
4394 2018.02.01 銭湯。
4393 2018.01.31 眼鏡。
4392 2018.01.30 偉大。
4391 2018.01.29 向島。
NO
年月日
名前
4582 2018.11.18 片岡良子 阿闍梨餅
4581 2018.11.17 片岡良子 ひたち20号
4580 2018.11.15 片岡良子 ひたち5号
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
  • 年  月から   年  月まで