リレーコラムについて

鳥!って、おとうさん。

大友美有紀

昨日、お知らせしたように「笑いを取り締まる男の話」を

としたのですけれど、
リレーコラムの連絡メールに
「ここを訪れる人は広告が好きだったり、
 コピーに興味があったりする方が
 多いということはご承知いただけたら」と
あったのを思い出し、2日間書いたものを読み返したら、
なんと!テレビのことと自分のことしか書いていないじゃないっすか!
これはまずいっす。ということで、今日は広告の話を書きます。

       広告のことって、どうやって書いたらいいんだろう。

みなさん、どうやってコピーとか企画とか考えているんだろう。
インタビューなどでよくある質問ですよね。
とにかくいっぱい書く、
うろうろする、
お気に入りのカフェ、もしく、ファミレスで考える。

私は、いつもどうしていいかわからない・・・。
ちゃんとコピーを書けているかわからない・・・。
そんなある日、といっても多分5年ぐらい前のこと。
ぼーっと電車に乗って、上をみていると
「鳥!」と大きく筆文字で書かれた額面広告が
目に入ってきたのです。
え?鳥?なんのこと?
コピーは「鳥!」だけです。
ビジュアルは黒バックに美味しそうな焼き鳥の写真。
そして黒烏龍茶のボトル。

そう、黒烏龍茶の広告でした。
脂肪の吸収を抑える特定保健用食品の黒烏龍茶です。
じっと見てると、伝えたいことはわかります。
焼き鳥食べる時に飲むと脂肪のこと気にしなくていい、
的なことでしょう。
でもなによりも「鳥!」のコピーのインパクトがすごくて
目が離せなかったのです。

会社について、Aさんになんで「鳥!」になったのか聞きました。
いろいろ大人の事情があって
最初に考えたコピーを変えざるを得なかったそうです。

で、まあ、「鳥!」だけでもいいんじゃないかと思ったんだよね。

もう、まったくAさんにはかなわないです。
この話以降、煮詰まった時には「鳥!」を思い出すことにしています。

  鳥  鳥
   鳥   鳥

そういえば、烏龍茶って「鳥」ならぬ「烏」って文字が
入っているんだなぁ。

で、ここにこの話を書くことはAさんに言ってません。
なので、みなさん、Aさんに会ってもご内密に。
事務局の人もFacebookとかに載せる時にAさんのコトには触れないでね。
謎の広告について、とかにしてください。

明日は、私とIさんのこと、について書きましょうかね。
お楽しみに。

大友美有紀

NO
年月日
名前
4936 2020.08.07 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その3
4935 2020.08.05 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その2
4934 2020.08.03 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その1
4933 2020.07.31 久山弘史 「出塀六本木」のこと。
4932 2020.07.30 久山弘史 「出汁キメ」のこと。
  • 年  月から   年  月まで