リレーコラムについて

魔女になりたい

伊藤みゆき

「ひみつの魔女っ子入門」

それは小学生のわたしにとって、魅力的すぎるタイトル。

祖母に頼み込んで買ってもらったその本を
ハードカバーが変形するくらい読んで
わたしの魔女修行の日々がはじまりました。

魔法の杖は、図工の時間に余った木材で製作。
(ほんとうは、満月の晩に切りとりに行かなければならないらしい)

本に載っている呪文を片っ端から暗記。
(「クルシカクルシカベサベサ」は精霊をよびだす呪文、とか)

人体の可動域を明らかに超えている、ヨガっぽい瞑想。
(片手で全体重を支える、みたいな無茶なポーズもあった)

1年くらい続けていたと思うのですが
この修行で魔法が使えるようになったかというと、
まあそんなわけもなく。

でも、「騙された!」とは一度も思いませんでした。

なぜならこの本には、魔女修行の方法に加えて
こんなことばが書いてあったからです。

*****

<魔女の心がまえ>

1) 魔女は、自分の信念をしっかりと持つ。
   そして、はっきりと確信の持てないことや、よくわからないことは、
   人の意見にまどわされずに、きちんと調べてから行動すること。

2) 魔女は、いつまでも過去にわずらわされない。
   反省することは必要だけれど、イヤなことは、すぐ忘れること。

3) 魔女は、人のしあわせをねたまない。

4) 魔女は、約束をかならず守る。

5) 魔女は、三日ぼうずにならない。
   はじめたことは、かならずやりとげること。

6) 魔女は、能力を高めるために、きびしいトレーニングにもたえる。

*****

そりゃ魔法使えないわ、と。
だってわたし、これひとつも守れてないもの、と。

友達とけんかはするし、悪口も言っちゃうし
昔されたひどいことを、いつまでも覚えていたりする。

憤りを勝る、後ろめたさ。

いま思えばこの本は、子ども向けの自己啓発本だったわけです。

魔女とは理想の自分、理想のおとなのことでした。

いつのまにか修行もしなくなって
魔法の杖もどこかにいってしまって
けっきょく魔法は使えないまま。

しょうもない失敗や後悔をするたび
あの本のことを思い出しては、魔女の6か条を守るのが
実はおとなでもすごく難しいということを痛感するのでした。

ちなみに、
ふとAmazonでこの本を検索したら、
絶版のため7000円で売られているらしいです。

売却、の二文字が即座に浮かんで
やっぱり魔女にはなれないと思いながら
この文章を書いています。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで