リレーコラムについて

スプラトゥーン!!!

栗田雅俊

細々とだが、スプラトゥーンをやっている。

スプラトゥーンとは、
1年ほど前に出たNintendoのオンラインゲームだ。

プレイヤーたちは2チームに分かれ、
インクの銃を撃ちあいながら戦い、チームの勝利をめざす。

1試合が5分くらいで終わるのが良い。

世界で450万本を超えるヒットだったこともあり、
発売当初は、周りでもたくさんの人がやっていた。
だがひとり減り、ふたり減り。
私のように戦争をつづけているものはもう少数派だ。

ではなぜ続けるのか。

スプラトゥーンと人生はまったく同じだからだ。

人生で起こることは、
すべてスプラトゥーンでも起こる。

チームワークがなければ、勝利は訪れない。
私はそれをスプラトゥーンから学んだ。

日々の努力が、結果にあらわれる。
私はそれをスプラトゥーンから学んだ。

スプラトゥーンには、
『ウデマエ』というパラメータがある。
C-からはじまり、勝つほどに上昇し、最高ランクはS+。

このS+になれないのだ。

数え切れないくらいの試合をしたが、
私の最高ランクは、
いまだにS+のひとつ前のランク、Sのまま。

Sまでならば
凡人でも努力でたどり着くことができると思う。

だが、一流の上の超一流、S+になるためには、
努力だけでは説明のつかない
神様からのGiftが必要な感じがする。

そしてそれは、人生においてもまた然り。

私がコピーライターとして感じていることと
まったく同じなのである。

数え切れないくらいのコピーを書いたが
S+的なコピーライターへの道のりはめちゃめちゃ遠い。

世の中で話題になる広告をつくり、
数々の広告賞を受賞し、
なんか講演とかしたり、対談したり
タレントさんの誕生会に呼ばれたり
お歳暮が家に届いたりする
偉大なるS+コピーライターの方々・・・

その背中は雲上に隠れ、
眩しすぎて見ることさえできない。

だが、焦ることはない。時間はまだある。
私は希望を捨ててはいない。

可能性がある限り、諦めてはいけない。
それをスプラトゥーンから学んだからだ。

いつの日か、
雑誌『ブレーン』の、なんか最初のほうにある
若手のクリエーターとかが
アンケートに答えるページ、
あれの回答者に選ばれる日を、私は夢みている。

ああ、スプラトゥーンとは、人生のことであった。

仕事がとても忙しいとき、
翌日の朝から打ち合わせなのに
何も面白いアイデアが思いつかない深夜。

私はそっとスプラトゥーンの電源を入れる。

決して逃避ではない。

スプラトゥーンすらがんばれない人間に
コピーライターががんばれるはずがない。
そう思うからである。

昨日もリレーコラムを書かなければいけないのに
電源を入れてしまった。

だからアップが、遅れた。
ただそれだけのことである。

(本当に申し訳ありませんでした)

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで