リレーコラムについて

合羽橋にて職を失う

大津裕基

合羽橋道具街のまつりに行ってきた。

合羽橋道具街とは主に食にかかわる道具を取り扱う店が、約170件も軒を連ねる東京の商店街である。まつりは大勢のお客さんで賑わい、鼓笛隊なんかのパレードもあったりと大盛況だった。

道具街は一直線の作りになっているのだが、パンフレットによると、横道に入ったところに公園があって、そこには地元飲食店の出店があるようだった。調理器具ばかり見ていると腹も減ってくるもので、私はいそいそと公園へ向かった。

公園には十数軒の出店が並んでいた。地元の人たちが和気あいあいとテーブルを囲んでいる。どれも美味しそうで、さて何から食べようかと悩む私の目に飛び込んできたのは「近所の店広場」と書かれた看板だった。

近所の店広場。

なんという味もそっけもない表現か。確かにそこは近所の店が集まっている広場だった。イタリアからきたピザ屋もなかったし、北海道からきた海鮮丼屋もなかった。みなせいぜい自転車で来れる距離からの出店だろう。そういえばやけに駐輪スペースが広くとられていた。それにしたってもう少し言い方があったんじゃないか。

いやしかし、これでいいのかもしれない。最近のコピーやネーミングは凝りすぎで、対象について過不足なく表現することこそが大切なのだ。

たとえば新発売のラーメンのコピーは当然「新しいラーメン」となるし、高性能の車なんかは「速い車」で問題ない。ゲームは全部「おもしろいゲーム」だ。そうすると、新しいラーメンってどんな味だろうと検索するかもしれない。速い車っていいよね、欲しい!おもしろいゲームしたーい!

そんなわけで唐突なコピーライター不要論。コピーライターたる私も例に漏れずきっちりクビになるでしょう。近所の浮浪者として名を馳せる日も近い。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで