リレーコラムについて

伊藤くん作文

諸橋秀明

僕がはじめて、
「クリエイティブ」を意識したのは
小学校5年生のときでした。

同級生の伊藤佳徳くんの作文。

遠足で乗ったジェットコースターの感想を
したためたものなのですが、
下記のような内容でした。

————————————

『ジェットコースター』伊藤佳徳

それでは、出発しまーす。

ガッ!

ゴトッ…ゴトッ…ゴトッ…

ゴトッゴトッゴトッ、
ゴトゴトゴトゴトゴトゴトゴト…

ガーーーーーーーーーーーーーーーー!!
キャーーーーーーーー!!
ギュギューー!!
ウォーーーーーーーーー!
ガガガーーーーーーー!!
ウォーーー!!
ガガガガガガーーーーーーー
ガガガーーーーーーー
ガガガーーーーーーー

(以下略)

————————————

彼は、ジェットコースターの臨場感を
すべて擬音と悲鳴で表現したんですね。

しかも、コースターが最初の坂を登り切って、
さぁ下るぞ!というあの一瞬の沈黙の描写するのに、
原稿用紙1枚を空白で使ったり…

やられた。完敗だ。

当時、クリエイティブという単語は知りませんでしたが、
「これがクリエイティブなんだな!アイデアなんだな!」
のような感覚を覚え鳥肌が立ったのを鮮明に覚えています。

同時に、僕が必死で書いた
ジェットコースターの乗った様子を描写に終始する作文なんて
ゴミだな、と思いました。

あのとき衝撃を覚えた
伊藤くん作文のようなモノを
考えられるようになりたい、という気持ちが、
今の職業を選んだ理由と言っても過言ではないです。

で、
クリエイティブ職について5年。
あの作文を超えるモノを作れたか、というと
まだまだなんですよね…。

精進します!
—————————

後日談。

実は、この擬音描写作文、
「夢の稗田」の、稗田さんが
九州時代に企画されてACCを獲ってるんですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=JEDV_2z-dXE

小5にしてACCレベルの企画を出してた脅威の伊藤くん。
現在は、地元で3児のパパだと風のうわさで聞きました。
今は、そっちのクリエイティブに励んでるんだな。

—————————

一週間ありがとうございました。
来週からは電通西日本の北匡史さんです。

新人賞を獲られた仕事も素晴らしいのですが
僕はなんといっても去年の年鑑に載ってたスナックの求人広告、
「ボトルの中のお酒をおじさんの中へ移すだけの単純作業です。」
が、大好きです。

実は北さんとは、数年前
今はなくなっちゃった1click-awardのファイナリスト仲間で
会ったことあったんですよね。
TCCで再会できでびっくりしました。

では、北さん、よろしくです!!

NO
年月日
名前
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
4572 2018.11.09 春日井智子 今宵は、ビールにいたしましょう。
4571 2018.11.06 春日井智子 今宵は、日本酒にいたしましょう。
4570 2018.11.03 照井晶博 「家族in畑」
  • 年  月から   年  月まで