リレーコラムについて

人助け

諸橋秀明

有元さんからバトンを受け継いだ諸橋秀明です。
一週間、どうぞよろしくお願いいたします。

—-

もう5年も前の、暑い夏の日曜日。

とある路上イベントに立ち合っていた僕の前に、
足を引き摺ったおじいさんが通りがかりました。

人混みと熱さに疲れ果てたのか、
ヨロヨロと今にも転んでしまいそうな弱い足取り。

大丈夫かな、手を貸そうかな、
と思ったのですが、
よくよくおじいさんを観察してみると、
手には使い古したコンビニの袋、
ちょっと茶色く変色したTシャツ、
ガムテープで補修したトイレサンダル。

漂うあっちのレゲエ感。
恥ずかしながら傍観を決めこもうとした、その瞬間、
隣にいた後輩の営業クンが、ババっと駆け寄ったのです。

「大丈夫ですか!?」

二言三言、おじいさんと話すと、こちらを振り返り、

「おじいさんの家、
 すぐそこらしいんでちょっと送ってきます!」

と告げ、肩を貸し、歩き出す彼。

なんて感心な若者なのだ。
一方、自分は…。
あろうことか、助けるかの是非を、
見た目で判断するという愚かさ。
打算的で、醜い思考回路。
嗚呼、僕は誓おう、
次に、困っている人に会ったら必ず助けるのだ!!
たとえ、それが悪魔であろうとも!!!

そう熱く煮えたぎるほどの決意を固めていたところ、
数十分後、どうしたことでしょう、
後輩が深刻な表情で戻ってくるではないですか。

ど、ど、どしたの?と聞くと…

「あのおじいさん、なんかすごいお金持ちだったんです…。
 で、僕の行動に感激してくれたらしく
 お礼に所有してるビルひとつくれるって行ってるんですケド、
 どうしたらいいっすかね…」

もう絶対に、何があっても、
困っている人を見つけたら必ず助けよう!!
と、決心をさらに強くする
浅はかな僕なのでした。

———

そんな持ってる営業の後輩の彼、
この度、福岡で
スポーツマネージメント会社「Joint One」を
立ち上げ独立しました。
強運と実力を兼ね備えた大物だから
大成功間違いなし!

隼人、がんばれ!

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで