リレーコラムについて

マネーの虎

西村和久

なかなか書けずにいてすみません。
はじめまして、西村と申します。
そうですね、テーマは自由ということなので・・
「マネーの虎」の話をさせていただきます。

今から15年か、もっと前でしょうか、
学生だった頃、テレビでよくこの番組を見ていました。
夢を叶えたいけどお金がない、という志願者が
アタッシュケースから出てきたウン百万円と社長の前で夢を語り、
希望金額まで投資をしてもらえると成功、という内容で、
まあ早い話が社長プレゼンです。

最近たまたま何かの拍子にyou tubeで見かけてしまったのですが、
まあ実におもしろい。
社長プレゼンする志願者に自分を重ねてしまうからなのか、
ただ昔の記憶が蘇ったからなのかは分かりませんが。

見ていると、プレゼンスタイルは本当に人それぞれです。
ノープラン。あるのは自信だけ、みたいな人もいれば、
逆にすごく優秀すぎて、「君なら僕らに助けてもらわなくてもやっていける」
みたいな事になって、失敗するパターンも。
うーん、、、プレゼンって奥が深いですねぇ。

そして注目すべきは、登場する社長が5人だということ。
全く違った個性を持った面々に1対5のプレゼンです。
1人相手に伝えるのも大変なのに!です。
まさにプレゼン会場はカオスと化します。

せっかくいい感じだったのに、たった1つのツッコミで
一気に劣勢になってしまう回。
(あるあるー!)

プランの内容が大きく変えられるが、採用は勝ち取れた回。
(あるあるー!)

そして、この名コピー。
「ノーマネーで、フィニッシュです。」
(あるあるあるあるー!!)

決してお金欲しさにこの仕事をやっているワケではないですが、
なんでしょう。いやー、沁みますね。
大切に温めてきたアイデアが儚く散った時の、あの感じ。
競合プレに敗退した時の、あの感じ。
ところでこのコピー、なぜちょっと英語にしたのでしょうか。
当時学校でもすごくバズっていました。
流行るコピーって、やっぱりスゴイなと思います。

・・・と、長々と書いてしまいましたが、
そんなこんなで今日もプレゼン準備。
ご清聴ありがとうございました。

こんな感じで、フィニッシュです。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで