リレーコラムについて

マキさんが教えてくれたこと。(2)

児島令子

(きのうのつづき)

ねえ、みなさんだったら、どうします?
仲畑さんベアですよ、仲畑さんベア。

こんな大事なもの、もらっていいのだろうか?
いや、いけない気がする…。

羽生選手がメダルあげると言ったら、もらえますか?
錦織選手が優勝カップあげると言ったら、もらえますか?

でも…
あげるというものを断るのは、
もっといけない気もする。

真央ちゃんがメダルあげるよと言ったら、断れる?
白鳳が優勝賜杯あげるよと言ったら、断れる?
(これは断れるか…置くとこないし)

以上のようなことを2.5秒ほど考えて、
「わあ、ほんとですか?いいんですか?
うれしいです!ありがとうございますっ!」と私。

次の日、大阪にクマを連れ帰り、
さっそく仕事場のいちばん目につく棚に置く。
机の上にはパーティーで交換した名刺たち。

私は、ずっと、クマを眺めていました。
昨日まで遠くに感じていたTCCが、
なんだか近くに感じた、秋の夕暮れでした。

私の新人賞のときのトロフィーは、
クマじゃなかったので、クマちゃんは孤独でした。
クマちゃんは私と目が合うたびに、
ひとりじゃ寂しい、友達がほしい光線を出すのです。

(いつかは欲しいと思っていた新人賞の次の賞。
がんばったら、いつかはは、あるよね?)

そして翌年、自分の名前の刻まれたクマを
連れて帰ることができたのです。
仲畑さんベアは、ものすごいご利益ありました。

それもこれも、眞木さんのひと言から。
パーティーに来た方がいいというシンプルなひと言。
だけど私には大きなひと言。感謝です。

と、ここで終わりにすると短すぎるので、
もうひとつ。
眞木さんが教えてくれたこと「番外編」を。

15年くらい前だったかな。
とある広告賞のパーティーで、
眞木さんが横に来て小声で言うのです。

「児島令子、2ちゃんねるって知ってる?」

「なんですか?それ」
「インターネットの掲示板。帰ったら検索してごらん。
コピーライターの名前も出てくるよ。
児島令子の名前もあるんじゃない?」

私は全く意味がわからず、
大阪に帰ってPCで検索してみることに。

※ちなみに当時の私のPCは、
Mac史に輝く、変態キュートなクラムシェル型 iBOOK!
カラーは、超目立つ蛍光緑、キーライム!
取っ手付きでバッグのように持ち運べ、
これをさげて新大阪のホームに立ってる私を、
ホームの端からもしっかり目撃できたという証言多数。

で、検索。
「へ~!こんなのあるんだ」
その膨大な掲示板から広告板を発見。
確かに仲畑さんや糸井さんの名前がでてる。
まさかと思ったけど、自分の名前もあった。
「児島令子は仲畑広告出身だから」って書き込みが。
ちがうってば!

以後私は、2ちゃんで遊ぶようになりました。
広告板でなく、仕事と無関係な自分の好きな板に
出入りして。(どこかはヒミツ♪)

ハンドルネームやトリップも使い、
自分用のAAも持ち、
プチ炎上なんかもあったけど、
仲良くなった人とはメッセンジャー(懐かしい!)に
移動してチャットもしました。

さらに、関西圏の人たちとはオフ会まで!
心斎橋でご飯したり、琵琶湖でバーベキューも。
社交的じゃない私をこうさせた力は何でしょうね。

2ちゃんでのやりとりは、
そう、匿名性の中の顕名性を遊ぶ感じかな。
オフ会は、匿名性を実名性に戻す遊び。
あくまでもコジマ総研的な捉え方ね。

この2ちゃん経験が、私のコピー作法に
影響を及ぼした、なんてことはないけれど、
わりと早い段階でネットの洗礼を受けれたことは
よかったかなと思います。

耐性ついてるので、
自分のコピーが少々けなされても大丈夫。(少々ね)

そういえば今年TCC賞をいただいた、
「私は雑草。心ある雑草。」というearthのコピー、
ネットでどなたかが怒ってました。

「私は雑草? 宮崎あおいちゃんが雑草だったら、
私はなんだよ?土か?石か?」と…。

おそれいります。

コピーを目指す動機付けから、ネット指南まで、
眞木さん、ホントにありがとうございました。
これを読んでもらえないのが、寂しいです。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで