リレーコラムについて

虫に警告。

武田さとみ

虫に感情移入するクセがあります。
とくに飛ぶ虫。

教室とか電車とかに、
そういうつもりじゃないのに紛れ込んでしまって、
窓のふちを飛んで、
「アレ!!出られない!出られない!」
ってなっている虫を見るにつけ、
ハラハラが止まりません。

わたしの父は、
休日になると畑へ向かいます。
休日農家です。

夏は野菜がたんまり収穫され、
家じゅうが野菜庫と化します。
これでもかこれでもかと野菜を食べ続けるのが、
風物詩となっています。

そんなわけで、
キッチンや玄関には
野菜がたくさん置いてあるのですが、
やっぱり虫だって野菜が好きなので、
ときどき、小さい虫が飛んでいたりします。

先日、リビングに、
小さいテニスラケットのようなものが
置かれていました。

「なにこれ?」
「これすごいよ!虫が殺せるの」

そういって、ラケット横のスイッチを押す母。
キイイイイン、という小さい音。
話をきくと、
虫を感電死させられるハイテク殺虫マシンだそう。
リサイクルショップで150円。

実践を幾度か目にしたのですが、

①虫に向かって、
②キイイイイン状態のまま、
③そっと近づけるだけで、

虫がぴっ!とくっついて、・・・死んでる!!
超簡単3ステップ。おそろしい道具です。

前は虫が出ても、
「いいじゃんほっとけば」だった母が
この兵器を手に入れた今、虫が出るたびに

「おっ」
キイイイイン、っぴ。
「やった!」

みたいな感じで愉快に虫を殺しています。

わたしも一度やってみたのですが、
本当にあっけなく殺せたので、
なんともいえない気持ちで佇んでいたら、

「最初はたしかに罪悪感を感じるけど、
そのうちになんにも感じなくなるから大丈夫!」

と言われました。

虫、悪いことは言わないから、
武田家には近づかない方がいい。
それか、野菜をちょっとくすねて、
すぐに立ち去った方がいい。

それにしても、
ティッシュでぐりぐり殺すより、
あのラケットを使うほうが
申し訳なさがますのはどうしてだろう。

与える死は、楽しちゃいけないんでしょうか。

NO
年月日
名前
4613 2019.02.20 北田有一 平成最後、の謎が解けた説
4612 2019.02.12 北田有一 話題はそんなに話題じゃない説
4611 2019.01.25 藤田卓也 若手大賞で感じた若い世代の感覚
4610 2019.01.24 藤田卓也 買ってよかったもの2018
4609 2019.01.23 藤田卓也 書を捨てよ、町へ出よう。そして捕まえよう
  • 年  月から   年  月まで