リレーコラムについて

ゾンビ

大津裕基

会社の同期5人でチームを組んでいる。
その名もゾンビである。
じめっとしたメンバーが揃っているからだ。
お互いの傷をなめ合うのが主な活動内容である。
ちなみにTCC新人賞同期の秋田君もメンバーの一人である。

ある日、ゾンビ1号の村田君からメールが届いた。
「俺たちのことを分析してみたんだけど」
と題されたそのメールの中身を公開して、
1週間続いた私のコラムを最終回とさせていただく。
読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。

さて、村田君から届いたゾンビの分析結果である。

「村田は、人に厳しく自分にも厳しい。

 塩見は、人に厳しく自分に甘い。

 尾上は、人に甘く自分に厳しい。

 大津は、人に甘く自分にも甘い。」

あまりに的確な分析と端的な表現に、私は大笑いした。
エピソードを語ればきりがないのだが、
確かに村田君の言うとおりなのだ。
村田君はその厳しさゆえに曲がったことが大嫌い。
塩見君は情けないところも多いが憎めない。
尾上君は菩薩のようにいつも穏やかだ。
しかし、まだ一人分析が残っている男がいる。

私はすぐに村田君に返信した。
「秋田は?」
すると、こう返ってきた。

「秋田には、人という概念がない。」

さて、次週のコラム担当は秋田君である。
親友から「人という概念がない」と評される彼の、
味わい深い文章を楽しみにしていただきたい。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで