リレーコラムについて

報道部という衝撃 ④

都築徹

ある日の昼。
狭い定食屋へ、東海テレビ報道部のK部長に呼び出された。
「都築ちゃん、自社キャンペーンのつぎのテーマ、何にしようか」
日本の食糧問題、交通安全のあとだ。
そういえば、K部長が以前からやりたいと言っていたテーマがある。
「そろそろ自殺で、どうでしょうか」
「自殺ね」
ズルズルと音を立てて、二人の喉にラーメンが滑り込んでいった。

部長から提示されたのは、スタッフの一新だった。
「若いヤツらに、チャンスをやらないとね」
プロデューサー的な仕事をしていただく記者、
そしてカメラマンが新しくなった。

ジュンク堂へ行って、自殺に関する本を何冊も購入した。
遺族が書いた手記。予防と取り組むNPOがまとめた体験談。医学の専門書。
自殺が持つ、意外な事実。複雑な感情。
自分も祖母をひとり、自殺で失っている。
それなのに、知らないことが多すぎる。
自分たちは、もっと自殺について知るべきだ。
そう思った。

母と娘が、別々の棟の最上階から同時に飛び降りたという公団。
火だるまになって亡くなった青年が道をさまよい、
最期に横たわった跡がアスファルトに残る駐車場。
住宅街にある、自殺が絶えない林。
毎年自殺者が出るにもかかわらず、いまだに鎖も張られていない観光名所。
娘を自殺に追い込んだ人たちへの恨み節が、止められなくなる母親。
下書きを清書したと思われる遺書。
心がふさぐロケが続いた。

記者の身に危険が及ぶ可能性が出たため、お蔵入りしたCMもあった。
撮影後に使用許可がどうしても取れないCMもあった。
オンエア後、ここに記すことがはばかられることも起きた。
報道部が望む民間放送連盟賞もギャラクシー賞も、手が届かなかった。
しかし、東海テレビ報道部と出会わなければ、
この有意義で難儀なテーマと向き合うこともなかった。
機会をいただけたことに、心から感謝したい。

東海テレビ「自殺と向き合う」キャンペーンCM

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで