リレーコラムについて

報道部という衝撃 ③

都築徹

ある晩、妙にモダンなしゃぶしゃぶ屋に、
東海テレビ報道部のH記者とSデスクから呼び出された。
夕方の番組「スーパーニュース」の視聴率が低迷しているから、
番宣CMをつくってもらえないか、という話だった。

箸でつかんだ肉を湯の中で揺らしながら、
昨夜この店をロケハンしたというH記者から、
番組の特徴を聴き出すことにした。
興味を引いたのは、24時間走り回る記者の生態だった。
そこで、彼らにカメラを向けてほしいと提案したところ、
「逆にカメラの存在を誰よりも意識する人種なので、
 できれば避けてほしいかなって思うんですけど」
という返事。
なるほど。やっぱり意識するんだ。
「だからこそ、ぜひお願いします」
いつもより強くお願いした。

カメラの存在を被写体に極力意識させないよう、
社外の人間である自分と清水淳之介監督は、
撮影に同行しないことが条件だった。

今回の手法は、完全なドキュメンタリー。
やらせは、一切ない。
なにが起こるか、一切わからない。
Nカメラマンから、毎日届けられるテープの山。
膨大な撮れ高から、清水監督が使いどころを的確に選び出していく。
過去2回の仕事でCMを理解しつつあったNカメラマンは、
事前に書いたコピーでは仕留めきれない、いい画をいくつも撮ってくれていた。
編集室でコピーを書き、その場でH記者と清水監督に提案する日々。
夜明けが近づくと編集にひと区切りつけて帰るのだが、
東海テレビの前の歩道で、不安な気持ちを監督と語り合うのが日課だった。

完成試写。
記者、デスク、キャスター、報道部の幹部。
スーパーニュース本番直後のスタジオ前に、
仕上がりが気になる社員が100人も集まった。
緊張した面持ちのH記者が、数時間前に出来上がったCMを流す。
大きくて温かい拍手が起きた。
各曜日の担当デスクが、
自分の出ているCMを流したがるという話も後日聞いた。
幸せな仕事が、またひとつ増えた。

東海テレビ「スーパーニュース」番宣CM

NO
年月日
名前
4582 2018.11.18 片岡良子 阿闍梨餅
4581 2018.11.17 片岡良子 ひたち20号
4580 2018.11.15 片岡良子 ひたち5号
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
  • 年  月から   年  月まで