リレーコラムについて

拝啓 本社のみなさま

山崎英生

ボクは先月まで関西支社ってとこにいたんです。
で、今は何故か本社にいてて、汐留38階なんです。
(これを読んでいる本社のみなさま、よろしくお願いします。ご挨拶にまいります)

でも、もちろん、まだまだ関西支社気分なんですね。
本社にいてて、
皮パン、皮ジャンみたいな人を見ると「本社っぽいなー」
マカロン食べる人見ては「本社っぽいなー」
「隠れ家的なバル」とか言うんだろうなー。とか思うわけです。
関西支社なんて、
口の周りについた、たこ焼きの青のりが入館証代わりですからね。
グーグルのことを南蛮渡来のパンケーキだと思ってますからね。

で、本社に慣れないボクでも、もう馴染みになった所があるんです。
そう、みなさん6年前のボクのコラムなんて読んでないと思いますが、
ボクは社食が大好きなんですね。日本が誇るSHASHOKUですよ。

どれくらい馴染んだかというと、左の和食屋っぽい方に行くと、
最初に食券みたいなのを買うんですが、何も言わずに、もうくれるんですよ。
「いつもの」とか言わなくても。しかも、支払いも勝手にSUICAにしてくれるんです。
8000人以上このビルにいるらしいんですが、もう覚えてもらったみたいなんです。

なぜなら、同じモノ(210円)しか頼まないからで、その注文はこのビル8000人以上の中で
ボクしかしないみたいなんです。でも、お腹いっぱいになるんですよ。

最初関西から、東京に来るとき、心配事の1位が社食が関西より高そうだったんですが、杞憂に終わりました。
生まれてはじめて「杞憂」って使いました。
今日は杞憂記念日です。
「杞憂バンジージャンプ」「杞憂タワーマンション」「高橋杞憂 21歳 読者モデルやってます」
「スナック杞憂」「平成の次は杞憂」「リスティング、杞憂って検索ワードも買っとけ」

本社のみなさま、ぜひ210円コースをお試しください。案内します。火曜日と金曜日限定です。杞憂に終わりますから。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで