リレーコラムについて

オリコウサン

秋山晶

夏の終りと秋の初めが重なるある日、
青森の五能線の沿線を歩いた。
砂地の道をたどるとどこからでも海が見えた。
コスモスの群れが咲く平屋で中年の女性が大きな声で
「オリコウサン」「オリコウサン」と呼んでいた。
白と黒のネコが姿を見せ、聞くと
「オリコウサン」はネコの名前だという。

「シゲ」という茶トラのオスは、
確かに槙原が打たれたときの監督の顔に似ていた。
「エポ」はショパンの恋人の名だという。
田園調布の急坂の上のネコだ。
「ユミコチャン」。この平凡な名前のネコは
実は隣のお姉さんの名前で、高校生の息子が
お姉さんに夢中なので母親がつけたという。
酔って帰りオシボリだと思ったら、
テーブルに白い子ネコが寝ていた。だから「オシボリ」。
「ハチ」と「テンテン」。30年以上前に
明日という日は明るい日と書くのね、という歌が
はやっていた。ココロ(心)というネコが生んだ
2匹なので「ハチ」と「テンテン」になった。
(ハチは18歳、テンテンは19歳まで生きた。)
「ひゃく子」。むかしニ子玉のハンズで子ネコを
100円で売っていたらしい。プライスが名前になった。
当時、ニ子玉、自由ケ丘間は110円だった。

青森の日本海側は、きっと吹雪いているだろう。
「オリコウサン」はストーブと向き合っているか、
寝ているか。
あの家には煙突があった。

NO
年月日
名前
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
  • 年  月から   年  月まで