リレーコラムについて

たそがれの21世紀

秋山晶

ずっと昔、コピーライターのヨシナガがキヨボウチャンと
呼ばれていた頃、「21世紀になると僕はまだ44だけれど
秋山さんは60を過ぎている」と言った。
60歳も昔になった。

新世紀は青年のものだ。

去年、博報堂に入社した渡辺潤平くんから
「呉さんに指導されているがスゴイ。箭内さんが
うしろのデスクにいる」とメールが来たが、
何だかとてもライブリーなウェーブが出ていた。
20代だったら、21世紀という無意識の意識で、
タグボートをハードルにしようとか、
30階以上のマンションから夜景を見ながら寝よう
とか、小柳ユキみたいな恋人をつくろうとか、
夢のような、あるいはとんでもないことを思うだろう。
が、現実には何も思わなかった。

きのう妻に、21世紀になって何か新しいことが
あるか、と聞いたら
「わたしは男性のヌードを描きました。
ロンゲの金髪でイタリア人です。」とニコニコした。
ゆきがかり上、こんどは僕がモデルになろう。
と言ったら、「ほんとうですか。でも、
ウェウトをしめてくださいよ。それに
30分もじっとしていられるかなあ。」と言われた。

NO
年月日
名前
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
  • 年  月から   年  月まで